スペインで困ること

年末年始のスペイン旅行に最適な服装&必須アイテム紹介

年末年始の休みを利用して海外旅行へ行くというのはよくあることかと思います。その候補地としてスペインの名前が上がり、よし行こうと思った時に気になることが「どんな服装がベストなんだろう?寒いのかな?暑いのかな?」ということではないでしょうか?私も初めてスペインに旅行に行った時には服装は正直困りました、ガイドブックに書いてあることを参考にしていったものの実際かなり寒かったりと困ったことを覚えています。

今回はそんな服装の悩み、これは持っていったほうがいいですよというおすすめアイテムを紹介します。

スペイン観光4大都市はそれぞれ気温が異なる

スペイン観光といえばまず名前が上がるのがバルセロナとマドリード。この2大都市は抑えておいたほうがいい場所ですね。そしてさらに時間がある、もしくは2回目の訪問、はたまた他の人とは少し違った旅をしたいという方はセビージャやビルバオを旅行に加えるというのもいいでしょう。なぜならばこの4つの都市、すべてスペインでありながら全然違う雰囲気を味わうことのできる場所だからです。日本では沖縄を除いて、どこにいっても日本という感じですが、こちらはこの4つの地域で皆さんのイメージするスペインを感じるのはマドリードとバルセロナでしょう。そして他の2つの都市、セビージャはオリエンタル、ビルバオは全く異なる国を感じることができます。

そんな4つの地域は位置的にスペインの中心、東、北、南と離れているため当然気候が違います。そんな各地域を訪れる際におすすめの服装を紹介します。

マドリードの気温&おすすめの服装

スペインの首都であるマドリード、その位置はスペインのちょうど真ん中あたりにあります。12月末から1月頭のマドリードの平均気温は最低気温2℃、最高気温10℃程度です。これがどのくらいかというと、ちょうど東京の1月の気温くらいです。東京に住んだことがある方はわかると思いますが、東京の冬は雪はほとんど降りませんが寒いです。そのくらいの気温だと思ってください。

ではこのマドリードでのおすすめの服装は、厚手のセーター、アウターもダウンやコートでも厚手のものがいいでしょう。手袋マフラーも必須です。ヒートテックを上下着るというのは当然ながら必要でしょう。しかし観光の場合歩き回りますので、暑がりの方は無しでもいいでしょう。

バルセロナの気温&おすすめの服装

バルセロナは言わずと知れた、サクラダファミリアのある観光都市です。スペインの東部にあり地中海に面した海辺の都市です。

海に面しているから寒いだろうと思われがちですが、地中海に面しているため気候は穏やかでやや暖かいのが特徴です。なので冬の観光でも人気なのでしょう。

気温は最低気温が9℃、最高気温が15℃程度です。どうですか?マドリードと全然違いますよね?

そんな温暖なバルセロナでのおすすめの服装のポイントは「調整ができる」ということです。基本的な気温は高めですが、冬のため急に寒くなるというようなこともありますし夜は流石に少し冷え込みます。そんな時のために基本は薄手のセーターや長袖シャツなどにジャケット等の秋から冬にかけての装いをしつつ、いざという時のためにコートやマフラーなどを持っておくと良いでしょう。ヒートテックなどはバルセロナでは必要ないでしょう。

セビージャの気温&おすすめの服装

セビージャはスペイン南部に位置する都市で、今まで紹介した都市の中では一番スペインを感じるかもしれません。というのはみなさんの持つスペインのイメージのうちフラメンコはこの地域が発祥のもので、街中でフラメンコを大道芸として踊っている人などもいます。他の地域ではそれはなかなか見ることはできません。

そんな南部にあるセビージャは当然ながら暖かい地域です。夏に行くと外を日中は出歩くことができないと言われています。

1月の平均気温は最高で16、7程度、最低で6℃とバルセロナに比べると気温は高いですが最低気温は低いという少し変化のある地域です。

服装としてはバルセロナと同じようで問題ありませんが、冷え込みが強いのでマフラーや手袋は持っておいた方がいいでしょう。

ビルバオの気温&おすすめの服装

私の住む街ビルバオはヨーロッパでは人気の観光都市の上位にランキングされる街です。日本でも今では知られるようになってきています。緑も多く歴史とアートが融合した、そして食に関しても世界有数の美食の街です。

そんなビルバオはスペインの北部に位置します。北ということは当然ですが、寒い地域です。ビルバオの気温は最低気温3~5、最高気温は13です。こう見ると北の割にはそこまで寒くないように感じますよね?なんならマドリードの方が寒いくらいじゃないのかな?と。しかし実際はめちゃくちゃ寒い地域なのです。その理由が「雨」です。ビルバオは1月だけで平均13~15日ほど雨の日があります。月の約半分雨なんです。この冬の雨というのは冷たいのなんの。。。体の芯から冷えるとはこのことかと思うほどです。そんなビルバオでの服装ですが、防寒対策はバッチリしておいてください。そして最も大事なのは雨対策です。ゴアテックスなど防水機能が高い靴やアウターを用意するようにしましょう。そして服装ではありませんが折り畳み傘は必須アイテムです。

年末年始のスペイン旅行必須アイテム

服装以外にもこれは持ってきておいてもらいたいというものがいくつかありますので紹介したいと思います。冬のスペイン旅行には必須ですので、ぜひ旅行前にバックに放り込んでください!!

必須アイテム①:カイロ

冬のアイテムといえばカイロというくらい日本では有名ですが、なんとスペインにはカイロがありません。あれほど素晴らしいアイテムがないなんて、どうやってスペイン人は冬を乗り越えるのかというと、そのまま乗り越えます笑 スペイン人たちは寒さに強い人が多いのです。そのため冬でも半袖の人を見かけることもあるほどです。暖房設備においてもこれがまたあまり良くなく、室内においても壁についているガスヒーターがあるくらいでそれもあまり暖かいとはいえません。

なので旅行に行く際は自分を温めることができるもの、つまりカイロが必須ということです。これは本当にあった方がいいのでお忘れなくご準備ください。

必須アイテム②:リップクリーム

2つ目のアイテムはリップクリームです。そんなの言われなくても持っていくよというのは女性かと思いますが、男性も是非持ってきておいてください。なぜかというと、スペインは日本ほど乾燥はしていませんがやはり冬は多少乾燥します。そして晴れた際は紫外線が強いので肌を守るという意味でもリップクリームを持ってくることをお勧めします。

このリップクリーム、スペインで売ってないことはないのですが、スーパーなどで見かけることはありません。化粧品店に行けばあるかなというくらいで、こちらの人はあまり使わないのです。なのでクオリティとしても日本のものの方が高い、なおかつ現地で調達がしにくいというわけです。ハンドクリームなどに関してはどこにでも売っているのでそちらは忘れたとしても現地調達してしまいましょう。

必須アイテム③:非常食

3つ目のアイテムは非常食です。なんでそんなもの必要なの??と思うかもしれませんが、この年末年始はスペインもお店が閉まっていることが多々あるからです。レストラン等においても閉まっていたり、またスーパーも閉まっています。バルセロナやマドリードの一部地域にはコンビニがありますがその他の地域にはありません。なので、万一食事にありつけなかったという時のために非常食を準備しておくといいでしょう。しかし注意してください。カップラーメンなどお湯を使うものはNGです。なぜならばこちらのホテルには日本のように電気ケトルが置いていないからです。なので非常食としてはそれ以外の、手軽なものを万一のために持ってきておくといいでしょう。

今回は年末年始にスペインに旅行に来る際の服装及び必須アイテムについて紹介しました。③の非常食以外に関しては年末年始だけでなく冬の期間全てに共通することですのでその際にも参考にしてみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事