サッカー留学について 事前準備

スペイン留学時に持っていきたい5つの必須アイテム+サッカー留学向け1アイテム紹介

日本からスペインへ留学する際に、何を持っていくべきか迷うことがあるかと思います。スーツケース2つ分くらいしかないスペースに何を詰め込むべきなのか、何でもかんでも持っていくことはできませんので選ばなければいけません。

しかし、辺境の地に留学しない限り、大体のものは現地でゲットすることができますので、生活する上で必要なものというのは大抵揃います。

では今回何を紹介するのかというと、留学する際にこれだけは日本から持って行った方がいいというものたちです。なぜかというと、現地では手に入らなかったり、入ったとしても日本のものとはクオリティがあまりにも違うということが起こりうるからです。

長期留学で1年間生活する上で必ず役に立つものばかりですので、是非とも荷物を積める際にはこれらのものを参考にしてみてください。

必須アイテム① ご飯派にはに必須炊飯器

まず最初に挙げたいのが炊飯器。これは日本人にとっては必須アイテムと言えるでしょう。炊飯器は現地には売っていません。売っていたとしてもさまざまな料理ができる炊飯器のようなジャーです。当然ですが日本のようなクオリティのものを求めることはできません。

なのでこの炊飯器に関しては日本から持ち込む、これが一番です。ちなみにお鍋などでお米を炊くことはできますが、まぁ面倒ですし調整も難しいですよね。

日本で食べていたように、白米を食べたいんだという場合には必須アイテムと言えるでしょう。特にサッカー留学をする場合、白米を食べることが当たり前の日本人にとっていきなり3食パン生活はかなり厳しいものですし、パフォーマンスが落ちてしまうかもしれません。そういった意味でも炊飯器を準備していくというのは必要でしょう。

ではその炊飯器、家電量販店で買って持っていこうと思うかもしれませんが、それはアウトです。なぜならばスペインと日本では電圧が違うので、それを持っていくとショートしてしまいます。変圧器を持っていけばいいと思うかもしれませんが、あれは長期間使うためのものではありませんので、結局1ヶ月くらいでショートしてしまうというような事例もよく聞きます。また、実際一発でアウトだったというようなことも身近な人が行ってで起こりました。

じゃあどこで買えばいいの?ということですが、それは日本の空港内にある家電量販店です。ここで「スペインで使いたいんだけど」といえばそれ用の炊飯器を出してくれます。

もちろん街中の家電量販店で取り寄せ等もできるでしょうから、そちらの方法をとるのもありですね。

必須アイテム② 変換器

続いての必須アイテムは変換器です。これはコンセントの変換器で変圧器とは異なります。スペインのコンセントはCタイプと呼ばれる丸穴のもので、その変換器を日本で購入して持ってくるようにしてください。

そうしないと例えば携帯の充電器やパソコンなどを使用するときに問題が生じてしまいます。もちろんそれらの類のものを持っていかないということであれば問題ありませんが、今の世の中その選択肢はないでしょう。

私は予備を含めて4つ程度は持っています。iponeの充電器などであれば現地でスペインコンセント用のものを購入できますが、無駄なお金をかけずともCタイプ変換器があれば十分です。

ちなみにCタイプ変換器は数百円で家電量販店で購入できます。

必須アイテム③ 歯ブラシ

続いて紹介するのは、歯ブラシ。「歯ブラシなんて現地で購入すればいいじゃん」という声が今にも聞こえてきそうですが、もちろんスペインにも歯ブラシは売っています。

しかし、日本の歯ブラシとスペインの歯ブラシには大きな違いがあるのです。それは「大きさ」です。

スペインの歯ブラシはブラシ部分がとてつもなく大きく、日本の歯ブラシのようにコンパクトで細部まで磨くということはできません。言うなればタワシで歯を磨いているような、そんな感覚かもしれません。

なぜそんなに大きいかというと、当然ながら口のサイズが違うからですね。スペイン人の方が口が日本人よりも大きく、また繊細さには欠ける国なのでそういう部分も表れているのでしょう。

一度私は買って使ったことがありますが、これはちょっとあまりにも違和感があるなと思ってそれ以降使っていません。

しっかり歯は管理しないと現地で歯科医にかかると日本よりも高コストがかかってしまいます。スペインの歯医者さんは高いことでも知れらており、できれば行くのは避けたいところでしょう。

なので日本で使い慣れている、日本人向けの歯ブラシを1年間使う分くらいは持っていくことをお勧めします。

必須アイテム④ 風邪薬

当然のアイテムの一つとして、常備薬は欠かすことができません。持病がある人は当たり前ですが、そうでない人は風邪薬など最低限のものは持っていっておいた方がいいでしょう。

なぜならば、現地で病院に行って処方してもらうことも薬局で購入することもできますが、なんせその薬は我々日本人にとっては強いと感じてしまうからです。

しかし、よくこのようにも言われます。「こちらの薬は効果抜群だ」と。確かに効果は抜群なのですが、効果があるということ=体にいいとは限りません。それだけ強い薬を使うというのは体にダメージを与えることでもありますので、できれば日本から持っていくことをお勧めします。

持っていく薬のタイプとしては、風邪薬、解熱剤、腹痛用、頭痛用の4つのケースに備えたものがあるといいかと思います。腹痛や頭痛はこちらにきて環境の変化や食事文化の変化に対応する過程で起こりやすいことでもありますので、その際にお薬があると安心できるでしょう。

必須アイテム⑤ 蚊取りスプレー系

蚊取りスプレーなんてものはいらないだろとこれを見た瞬間思われるでしょう。しかしこれは必須アイテムです。

正確にいうと電気のいらないワンプッシュタイプの蚊取りを使うといいでしょう。なぜか、それはこちらには秋と春に蚊が発生しやすいからです。そしてその蚊は日本の蚊よりもすばしっこく、なかなか退治することができません。

そしてそんな蚊が存在感を表すのは寝ている時です。日中はそれほど気になりません。しかし彼らは夜になると「ぷ~ん」という音とともに我々の眠りを妨げてきます。これで起きたことは数知れません。

もちろんこちらにも蚊取り線香のようなものはあります。しかし、その効果は非常に低く、使用していたとしてもなかなかかが退治できず夜眠れないという日々が続いてしまいます。

なのでそんな時にワンプッシュ式のものがあれば最高ということですね。ちなみにワンプッシュ式のものはこちらには売っておりません。ですので日本から留学の際には持ち込むことをお勧めするのです。これがあるとかなり助かることは間違いありませんので、騙されたと思って持ってきてください。

サッカー留学ならばこれは必須

さて、ここからはサッカー留学する人にはこれだけは追加で持ってきてもらいたいものについて紹介します。当たり前すぎるものですが、これ以外のものは基本的に必要ありません。

サッカーシューズとランニングシューズ

サッカーで留学に来るのですから当然なのですが、サッカーシューズは持参してください。もちろんですが、現地でも売っていますし、持ってこなかったとしてもどうにかはなります。

なのになぜ持ってくることをお勧めするかというと、こちらで日本人の足にフィットするシューズを探すのは難しいからです。例えば、ミズノやアシックスといった日本人独特の幅の広い足に合うシューズはこちらではありません。ほとんどのシューズはナイキ、アディダスで、それらのシューズは当然ながらヨーロッパ圏の人の足の特徴に合わせて作られているため、横幅が狭いシューズになっているということです。

もう1つランニングシューズも持参することをお勧めします。

ランニングシューズ業界ではミズノとアシックスの力は強いので現地で簡単に購入することもできます。しかし、これらのブランドでこちら販売のシューズは当然ですがヨーロッパ仕様です。なのでどうしても日本人の足に合うものを求めるのであれば、日本から持ってくるしかありません。

サッカー選手にとって足は商売道具ですし最も大切にしなければいけません。せっかく留学でチャレンジしにきているのに、現地で足に合わないシューズを履いているようでは話になりませんね。なので最低でもスパイクを2足は用意して置くようにすることをお勧めします。

今回は留学の際にお勧めする持参物について紹介しました。他にも持ってきた方がいいものは当然いっぱいありますが、特にこれだ!というものを今回挙げたつもりですので、ぜひ参考にしてみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事