未分類

旅行前に知っておきたいスペインのトイレ事情

海外旅行に行ったら必ずと言ってもいいほど困るのが、トイレ問題ではないでしょうか。なぜならば、各国トイレのある場所やまた使い方という面でも若干異なってくるからです。日本であればどこに行ってもコンビニがありトイレだけ済まして出るなんてことも可能ではありますし、公園に行けば必ずトイレがあります。また便座が温まったりウォシュレットが付いていたりと、日本人の普通は世界では普通ではなく、特別です。そういう意味でも日本はトイレ大国とも言えるかもしれませんね。

今回は知らなかったら困る、スペイン旅行時に知っておいてもらいたいトイレ事情を紹介していきます。

スペインのトイレってどんなの??

まずは、スペインのトイレってどんな感じなの?という素朴な疑問から書いていきたいと思います。

トイレはトイレですから基本的には日本のものと変わりないのですが、トイレに入る時の文字には注意が必要です。なぜならイラストで書かれていたらいいですが、そうでなく文字だけのところも多いからです。当然ですがスペイン語で書かれています。

例えばこのように「H」と「M」これだけ書かれていることも多いです。どちらが男性、女性だと思いますか?

正解はH」が男性、「M」が女性ですHHombre(男性)という言葉の頭文字で、MMujer(女性)という言葉の頭文字です。基本的にはこのどちらかなのですが、たまにSeñor (男性)」「Señora(女性)」という表記もありますのでご注意ください。

女性も男性もですが、便座が汚れていることが多々あります。それは男性が女性用トイレを勝手に使っているなんてこともザラにあるからです。なので便座を利用するときはトイレットペーパーなどで拭くなどすることをお勧めします。

ここからは特に男性に関してですが、便座がない場合がこちらでは多くあります。小の方であれば問題はないでしょうが、問題は大の時。。。その際は空気椅子ですので覚悟しておいてください笑

次に、水を流す時にボタンタイプのものもあれば、こちらで多いのは上に鎖が吊るされているタイプのものが多くあります。あまりこれに慣れていないとどこで流したらいいのか困り果ててしまいますが、知っていれば問題ありません。鎖を引っ張れば流れます。結構強く引っ張らないといけなかったり少し不安になりますが、思いっきり引っ張ってください。

また、スペインのトイレでウォシュレットがあるところはほとんどないと思っていてください。今までに出会ったことはありません。おそらくあるとしても高級ホテルくらいでしょう。またトイレットペーパーは固い感じのものが多くお尻には優しい国ではありませんので覚悟してきてください。

スペインには公衆トイレが少ない!?

ここからは肝心のトイレはどこにあってどこにないのかということを紹介していきます。旅行中にどこにトイレがあるのかを知っておくのは生命線とも言っても過言ではありませんので要チェックしてください。

まず大前提として、スペインに公衆トイレはほとんどと言っていいほどありません

日本であればどこにでもありますが、スペインは事情が違います。公園にたまにあることもありますが、それほど数はないと思っておいてください。なので日本のようにトイレ探す=公園を探すという考えは避けたほうがいいでしょう。

またスペインの公衆トイレのほとんどは1人しか入れないタイプのものばかりです。日本のように何人も一斉に入れるような素晴らしいシステムにはなっていません。なのでいざ見つけたけど混んでいてということもあり得ます。

日本とのもう一つの違いは清潔さです。正直に言って本当に緊急でなければ私は公衆トイレは使いたくありません。なぜならば非常に汚い、臭い。掃除されているの!?と思うレベルですのでお勧めはしません。日本のサービスの凄さをそんなところでも実感してしまいます。

スーパーにはトイレはある !?

公園になければどこにあるのか??我々日本人のイメージではスーパーに行けば大抵トイレはあるだろうと思うのではないでしょうか?はい、不正解です。スペインのスーパーにトイレは併設されていません。あったとしても職員用で一般の人が使うことはできませんし目に入るところにはありません。

ちなみにこれはスーパーに限ったことではなく、本屋さんに行ってもオモチャ屋さんに行っても服屋さんに行ってもトイレはありません。日本であればあるだろうというところにないのだから困ったものです。

しかし、これがわかっていれば無駄に探すことも無くなりますので、くれぐれもトイレに行きたいからと言ってそれらのお店に入らないようにしてください。

トイレに困ったらここに行こう !!

ではここからが解決策の紹介です。今の所、スペインにはトイレはないのか?というくらいトイレが見当たりませんが、観光中にトイレに行きたくなる生理現象を抑えることはできません。ではどこに行ったらいいのか、紹介していきましょう。

バルに入る

まずはバルに入るという方法です。バルというのは居酒屋、カフェ、バーのようなもので街中を歩いていればすぐに見つかります。100m歩けば2、3件は確実に見つかるというくらいの密度であります。

そのバルには、ほぼ100%トイレがあります。今までにトイレのないバルを見たことはありませんし、現地の人々もバルのトイレを利用してそのまま出て行くなんてこともあります。

しかし、バルというのは当然ですが飲み物を飲んだり、少し食事をしたりするところです。なのでルール、マナーとしてはコーヒーなど飲み物を頼んでその上でトイレを利用するようにしましょう。コーヒー1杯200円程度ですので、トイレをコーヒーを飲んで利用できるんだと考えれば安いもんです。

ちなみにトイレの場所を聞く時には「Donde esta el baño?(ドンデ・エスタ・エル・バニョ?」 と聞くと教えてくれます。「トイレはどこですか?」という意味です

なのでトイレに困ったらまずはバルを見つける、これはテッパンの方法であり最も簡単な見つけ方ですので覚えておいてください。

デパートに行く

もう一つ必ずトイレがある場所が存在します。それがデパートです。観光で訪れるような大都市には必ずデパートがありますので、その際にデパートのトイレを利用するのを私はお勧めします。実際に私が旅行するときもこのデパート作戦をよく使います。

ちなみにこちらのデパートのほとんどは「el corte ingles(エル・コルテ・イングレス)」というデパートですのでGoogleマップで検索すればすぐに見つかるかと思います。

なぜデパートのトイレをお勧めするかというと、非常に清潔で綺麗だからです。さすがにデパートでしかもel corte inglesは高級デパートでもあるのでしっかりと清掃がされているということです。

なおかつ何も買わなくてもスッと入ってスッと出て行くことができる、しかもデパートのトイレが混んでいるということはほとんどありません。なぜかは分かりませんが、皆あまり利用しないのでしょう。

なのでもしデパートのある地域で観光しているのであれば困ったときはデパートを断然お勧めします。そして見つからなければバルという順番です。

できる時にトイレは済ましておく

今回はスペインのトイレ事情について紹介しましたが、観光ではトイレは本当に問題になりやすいものです。ホテルを出る前に済ましておくというのは大前提として、レストランやまたバルに寄った時などを利用してできる限り済ますようにするといいでしょう。また博物館や美術館などには大抵トイレもありますので、そのような観光スポットでもしトイレがあれば緊急事態にならないようにこまめに利用するというのもスペイン観光をより楽しむためにお勧めします。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事