スペイングルメ

スペイン・バスク旅で外せない、これだけは食べてほしい料理

スペインバスクといえば、色の街として有名であるということは世界中の人が知っています。日本ではまだその認知度は低いかもしれませんが、日本の食通の人々は何度もバスク地方を訪れていますし、その方々と実際に現地でお会いすることもあります。

今回はそんな美食の街であるバスクに旅行に来た際にこれだけは外せないという料理を紹介していきます。

バスクのB級グルメ トルティーヤ

トルティーヤというと何を想像されるでしょうか?薄い皮で肉や野菜が巻かれているようなものが想像されるのではないかと思いますが、スペインのトルティーヤはそのようなものではありません。

トルティーヤというのは卵とじゃがいもを使ったスペイン風卵焼きのことで、これが、また美味しいのです。

トルティーヤにも色々なタイプのものがあり、1つはハードタイプでしっかりと焼かれたタイプです。もう1つはトロトロタイプで、中身が半熟になっているタイプです。

そして他にも特徴があり、シンプルな卵とじゃがいものみのパターン。そこにハムとチーズが挟まっているもの、カニカマが入っているもの、玉ねぎが入っているものなどなど色々な種類のものがあります。

私がお勧めするのは、トロトロタイプかつ王道の卵とじゃがいものシンプルバージョンです。これを食べたら本当に病みつきになってしまいます。

いろんなトルティーヤを食べてきましたが、Bar Doa Berriaというビルバオのデウストという街にあるお店のものがナンバーワンです。ビルバオを訪れた時は是非寄ってみてください。

バスクといえばピンチョス

ピンチョスという言葉を聞いたことはあるでしょうか?ピンチョスというのは一口料理を小皿に乗せたものや、バケットの上に乗せたおつまみのようなもので、こちらではお酒のお供にしたり小腹が空いた時につまむというのがポピュラーです。

このピンチョス文化はバスクの食文化の中では大切なもので、友達とバルでお酒を飲みながらピンチョスをつまむ、それを2、3件ハシゴする。そうして友達との時間を楽しむという文化です。

そんなピンチョスですが、どこのバルに行っても置いてあるので食べることができるのですが、やはりバスクでピンチョスを食べるといえばサン・セバスチャンです。

ではどんなおすすめピンチョスがあるか紹介したいと思います。

その前に、バルによってピンチョスの種類は変わり、お店ごとにおすすめのものがあります。

サンセバスチャンはどこのバルも高いクオリティを保っていますが、特におすすめの場所は、バルスポーツです。ここにあるおすすめのピンチョスがフォアグラのピンチョス。

フォアグラなんてフランス料理で出てくるようなものですが、それが数ユーロのピンチョスとして出てくるのです。

そしてここのフォアグラは粗塩をまぶしたシンプルな味付けにも関わらず、口の中でとろけ、美味しさが広がります。1つ食べるとついつい2つ目を食べたくなっちゃう、そんなピンチョスです。

ビルバオ市内にもおすすめの所はたくさんあります。その1つがグレ・トキです。ここのピンチョスはピンチョスグランプリ大賞をとっているくらい創作的なものが多く、見た目からも楽しむことができます。

 

必ず押さえておきたい肉料理 チュレトン

次に押さえてもらいたいものが、レストラン等で食べることができるチュレトンです。このチュレトンは前述したトルティーヤやピンチョスとは一線を欠くバスクを代表する肉料理です。

どのような肉料理かというと、どでかいTボーンステーキです。ただのTボーンステーキではなく、熟成肉にを使用し、粗塩で網焼きにされているステーキです。

お店によってやはり味は異なり、それは火入れの具合によって変わるというまさにシェフの腕による所が大きい料理です。

レア、ミディアムレアくらいで出てくるのですが、お店によっては鉄板が用意されておりそこで焼き肉のように少し温めたり焼き具合を調整することができます。

肝心の味はというと、赤身肉の美味しさをダイレクトに感じることのできる満足感のある料理です。私の好きな店のお肉はまるでお刺身を食べているかのように、繊細でありつつも、これが赤みのお肉かと思わされる感覚に陥る、これはもう食べてもらわないとなんともいえないです。ちなみに日本のお肉のようにジューシーとか、脂身がというものではありません。

これを食べないとバスクに来たとはいえませんので、是非とも食べてください。

海に面しているバスクの魚料理 ロダバーヨ

バスクのいいところはスペイン北部で雨が多い地域なので緑が豊富で野菜や畜産系が盛んであるということ、そしてなおかつ海に面しており新鮮な魚が手に入るということです。

なので先ほど紹介した肉料理のチュレトンと同等に魚料理を食べるというのもおすすめです。

その中でも食べて欲しいのがロダバーヨという魚です。日本語ではイシビラメでこちらではレストランの魚料理の中に常にリストインしているものではなく、その日入っていれば出してくれるというものです。

ちなみに1人でロダバーヨを食べるというのは不可能に近いです。なぜならばかなり大きく、3、4人、少なくとも2人でシェアしなければ食べきれません。

そんなロダバーヨですが、調理方法は至ってシンプルです。オリーブオイルと塩胡椒、そしてニンニクで焼くだけ。このシンプルな調理方法が魚の魅力を最大限に引き出してくれます。

肉料理もそうですが、素材がいいので余計なことはあまりしないというのがこちらのバスク料理の特徴でもあります。美味しい素材を少し整えて食べる、その火入れなどの微妙な加減で味が変わる、その絶妙な具合を楽しむというのがこちらの料理です。

あの有名なゲルニカの特産品 ピミエントス・デ・ゲルニカ

肉、魚ときたらやはり野菜も欠かすことはできませんよね。先述したようにバスクはキノコ等も含めて野菜前半非常に美味しいことで有名です。

そんな中でもブランド品としてスペイン全土で知られているものがあります。それがピミエントス・デ・ゲルニカです。

ピミエントスというのは小さいピーマンのようなもので、シシトウとピーマンの間のようなものです。

ピカソの絵でも有名なゲルニカという街がバスクにはあるのですが、そこで採られたピミエントスは味も豊かで非常に人気で、普通のピミエントスとは価格帯も異なります。

そんなピミエントス・デ・ゲルニカをどう食べるかというと、素揚げに塩をかけるという究極にシンプルな食べ方です。肉や魚と同様にいい素材の味を楽しむということですね。

そしてこれがまた美味しいんです。肉厚でなおかつ甘さを感じ、食べると病みつきになってしまいます。

これもバスクならではのものですので、是非とも食べていただきたいです。

やっぱりこれは外せない バスクチーズケーキ

そして最後はやはりこれでしょう。バスクチーズケーキ。そもそもこの呼び方は勝手に日本人がつけたものですので、現地でバスクチーズケーキと言っても「なんのこと??」という顔をされますのでご注意を。

また、どこのレストランにもデザートとしてチーズケーキが置いてありますし、バルにもありますが、日本人がいうバスクチーズケーキが置いてあるお店はそんなにありません。

そんなバスクチーズケーキを食べたいんだというのであれば、まずは本家本元のサンセバスチャンにあるバル、La Viña(ラ・ビーニャ)を訪れてください。日本人の方がここのレシピを日本に持ち帰って広めた、いわゆる日本人がいうバスクチーズケーキです。

ビルバオの方で食べたいということでしたら、先ほども紹介したグレ・トキです。ここのチーズケーキはそのイメージに合うでしょう。

実際にバスクチーズケーキを食べると、美味しいのは間違いありません。とろとろかつしっかりとチーズの味もあるあの感じは一度食べるとリピートしたくなります。

もちろん現地で食べていただきたいですが、ご自宅でも美味しいバスクチーズケーキが堪能できます。


今回は外せない料理をいくつか紹介しましたが、もちろんバスクには他にもいろんな美味しい料理があります。そんな世界が評価する美食の街を是非訪れてみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事