サッカー留学について 住むことに関する全般 未分類

スペイン留学で現地の友達を作ろう!!

スペインに留学に来他のであれば、語学やサッカーを学ぶというのは当然第一の目的ではありますがそれ以外にもやってほしいことはたくさんあります。

その一つがスペインで友達を作ることです。

なぜそれをしてほしいかというと、現地に知り合いや友達がいることでより自分がそこで生活をしている、社会に溶け込んでいると感じることができますし、よりスペインでの人生が豊かになるからです。

友達を作ることが簡単に感じる人もいれば、少しシャイでなかなか作れないなという人もいると思います。

今回は友達を作るとしたらどんなところで作れるのかということを紹介していきたいと思います。

誰も自分のことを知らない世界、自分を変えるチャンス

まず、心がけてほしいこととして、友達を作ろうと思うならば自分がオープンにならないと相手もよってきてくれません。例えばクラスで勉強だけをしていたり、誰とも喋ろうとしなければ、初めは話しかけてくれたとしてもその後話しかけてくれなくなります。

あなた自身がオープンなタイプならばいいですが、そうでないなと思うのであればこれを心がけてください、「恥ずかしいという感情を捨てる」ことです。私もそうですが、特に外国人とまだ未熟な外国語でコミュニケーションをとる時に、「間違ったらどうしよう」とか「嫌われたら嫌だな」と考えてしまいがちです。

しかし、相手はそんなことを気にはしていません。なぜなら彼らも喋れないんですから。またこの国ではあなたのことを誰も知りません。今までの過去なども関係ありません。今新たな自分を発見していくことも可能です。なので友達を作りたいなと思うのであれば、是非積極的な自分になってください。

友達作りに必須の準備

友達を作るという時に、当然の如くすることがありますよね?そうです電話番号の交換です。今では日本ならばLINEの交換になりますが、こちらでは他のアプリが使われています。その名はwhatsapp(ワッツ・アップ)です。

聞いたことがある人もいると思いますが、いわゆるLINEのようなもので無料でメッセージや会話ができるアプリです。こちらの人はほぼ100%使用していますので、ダウンロードは必ずしておくようにしてください。逆にLINEは誰も使っていません。

また、インスタやFacebookなどのSNSもあると便利です。というのもこちらではよくそれを聞かれます。そういうことが話のきっかけになったり、日本のことを紹介する話のネタにもなりますのでおすすめです。

語学学校での友達作り

さて、ここからはどこで友達を作ることができるかという話ですが、まずやはり語学学校が一番です。しかし、語学学校にいるのは外国人ばかりです笑 その外国人達と仲良くなるというのも私はお勧めします。

なぜならば世界中に友達ができるからです。実際に私は今でもオーストラリア、ドイツ、フランス、アメリカ等々の友達と連絡をとっていますし、こちらに彼らがくる時は連絡をもらったりもします。

また、語学学校には当然ですがスペイン人の先生たち、スタッフがいます。そういった方とも友達になれてしまうというのが日本とは違うところかもしれません。普通にみんなで食事に行ったり出かけたりと、友達になることができます。

また、語学学校では必ず30分程度の休憩時間があります。その時間に多くの人はカフェにみんなで行くのですが、是非ともそこに参加してください。大体1、2度目は誘ってくれます。しかしそこで参加しないと「この子は行かないんだな」と思われて誘ってくれなくなりますのでご注意あれ。そのカフェタイムにもし言葉的に喋れなかったとしてもそこにいるということが大切です。

また、語学学校には放課後のアクティビティがあったりもします。そちらに参加するというのもお勧めです。

チームに溶け込もう

サッカーでの留学の場合、語学学校にも通いますがより多くの時間を共有することになるのは所属するチームメイトです。ロッカールーム、ピッチ上も当然ですが、こちらでは仲間たちとコミュニケーションをとる機会がかなりあります。

チームにもよりますが月に1回程度みんなでトレーニング後に軽食を摂る時間があったり、年に数回はレストランでの食事会などもあります。特にトレーニング後の軽食を摂る食事会は大事です。そういったところで参加しないとチームの輪から外れてしまうだけではなくせっかくの仲良くなるチャンスを逃してしまいます。なので必ず参加するようにしてほしいです。

また、試合への移動などもチームメイトの車に乗せてもらうようにしましょう。そういうところの交渉も自分で行わなければいけません。

そうやってコミュニケーションを必死に取ろうとしていれば、彼らは受け入れてくれます。ここは言葉とかではありません、十分に伝わらなくても、関わりたいんだという想いが伝わります。

自分の行きつけの場所を作ろう

友達を作るには他にもいろんな方法があります。例えば行きつけの場所を作るというのは1つの方法です。

スペインにはバルというものがあり、そこで食事をしたりお酒を飲んだり、またカフェをしたりして仲間と楽しみます。

家の近くに行きつけのバルを作るとそこで出会った人やバルの店員さんとも仲良くなることができます。実際に私も行きつけのバルが2、3個ありそこで夜にサッカーの試合を見るというのを習慣にしています。そうすると大体その時間帯に同じようにサッカーを見る人や通う人がいますので、自然と話をするようになる、というよりも向こうから話しかけてきます笑 そうして仲良くなるというのも1つのおすすめの方法です。

ホームステイも一つの機会

留学の滞在最初3ヶ月間ホームステイをするというのは多くの留学斡旋会社がおすすめしていることだと思いますが、このホームステイは友達作りの上でも大切です。なぜかというと、しっかりと関係を作れば友達というよりも本当に家族のように仲良くなるからです。

実際に私はいい関係が築けたようで、今でも家に招待されて食事をしたり、色々と困ったことがあったら助けてくれます。そういった関係になるためにも、やはり大切なのは時間を共に共有することです。色々わからなくてもいいから食事の時間はできるだけ一緒にいる、どこかに行こうと言われれば、サッカー等で予定がなければ行く。また部屋に篭りっぱなしにならないでリビングで家族との会話を楽しんだり一緒にテレビを見る。そういった当たり前のことをするだけでも、彼らは受け入れてくれます。逆に部屋から出てこない、何も伝えようとしないとなると「何を考えているかわからない」と思われてしまい、本当に滞在しているだけになってしまいます。

また、そんな関係になってしまうと滞在自体が苦しいものになってしまいますよね。そうならないためにもコミュニケーションをしっかり取ることをおすすめします。

シェアハウスで輪を広げる

ホームステイ以外にも友達の輪を広げる機会はあります。それがシェアハウスです。こちらで留学で住む場所を探す場合、ほとんどがシェアハウスになります。2、3人でのシェアから6人以上のシェアまでいろいろな物件がありますので、多くの友達を作りたいんだというのであれば多い人数のところにしてみたり、また引っ越しを頻繁にするというのもありです。

シェアハウスではよくみんなで食事をしようというタイミングがあったり、そもそも共に家にいるので顔を合わせる機会が非常に多くなります。そこで仲良くなって友達になっていくというのもよくあるこちらでの友達の作り方です。

今回は友達を作ることができる様々な場所を紹介しました。最初に書いたように、ただ機会があるだけでは友達はできません。自分からオープンな心で人と接していくことで仲良くなることができるので、是非積極的にコミュニケーションをとってみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事