サッカー留学について 住むことに関する全般

現地で作るおすすめ銀行口座

海外留学に行って苦労する問題の一つとして、銀行口座の開設があります。

というのも日々の生活資金を入れておく口座や、日本から仕送りをしてもらう際に送ってもらう先として使うからです。

他にもビザの更新になど、いろんな理由から銀行口座を開設した方がいいよという話は聞きますし、実際私も現地の銀行口座を持っています。

今回はそんな銀行口座について、どういう人に必要なのか、また開設の方法、おすすめの銀行を紹介していきます。

銀行口座開設はどんな人が必要?

銀行口座を開設する前に一度考えてほしいことがあります。それは「本当に自分に必要なのか?」ということです。

え?と思うかもしれませんが、実際に必要でないケースも多々あります。無駄に開設してもこちらでは口座維持費がかかったり、口座開設への労力もかなりあります。

ではどんな人に必要なのか、また必要でないのかを紹介しましょう。

【必要でない】

①短期の留学

ビザなしの短期の3ヶ月留学、ビザありでも半年の留学の場合口座は必要ないでしょう。日々の生活費はクレジットカードからの現金引き出しで賄えますし、わざわざ口座を作るメリットがありません。

②1年間だけの留学

1年となると結構長いのですが、クレジットカードでの引き出しで問題ないでしょう。しかしクレジットカードでの引き出しはなんと言っても手数料が高い。なのでもし金銭的に抑えたいということがあれば開設してもいいかもしれません。

けれどもたった1年で解約することになりますので、その手間を考えてもあまりメリットがあるとは言えません。

【必要】

1年以上の留学

1年以上留学する場合は銀行口座を開設することをお勧めします。なぜならば先述したクレジットカードの手数料のこともありますが、携帯料金の支払い、またこちらはほとんどカードで払う国なので口座開設をしてこちらのカードで支払う方が断然楽でありお得です。

②ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの場合は問答無用で必要です。振込先の口座がないと給料を振り込んでもらえませんので。

③自力でビザを更新する人

ビザ更新をする時に銀行口座が必要で残高証明書を出さないといけないと書かれていることがあります。実際に現地のビザ更新必要書類にもそのように書かれているのですが、これが必ずしも必要ではないのです。

語学学校でそのままビザ更新を依頼する場合、学校付きの弁護士が日本の銀行口座の残高証明でもビザ更新をやってくれます。ですがこれは特別な方法です。

なので、自力で更新するぞという人は必要です。その際は銀行口座を開設しましょう。

銀行口座開設のための方法

銀行口座を作るといってもそんな簡単なことではありません。というのもやはりネックになるのはスペイン語と思うかもしれませんが、それプラスなかなか口座開設してくれない銀行も多いのです。

その理由は「学生ビザ」で滞在しているからです。学生ビザの場合なぜ口座開設しにくいかというと、必要でない場合の部分で説明した通り、1年で解約されてしまうような口座をわざわざ銀行側としても作りたくないのです。またその口座がその本人が日本に戻ったあと放置され続けたら犯罪に使われる可能性もあるのでなおのことです。

なので銀行口座を現地で開設するためには銀行の口座開設担当の人を納得させる必要があります。

その納得させるためのキーワードが

2年以上滞在するんだ」

「日本から生活資金を含めてお金が送られてくるんだ」

「携帯の契約等、またビザ更新でも使うんだ」

というこの3つです。

これらの理由を口座開設の時に伝えるとスムーズにやってくれる可能性が高まります。しかし絶対ではありません。断られることもありますが、その場合はまた他の支店に行って再チャレンジです。

なぜかというと担当する人によって対応が変わるというのがこちらの国の特徴だからです。一度断られたからといってめげずにチャレンジしてください。

ちなみに口座開設時に必要なものは下記の通り。

NIE(在留カード)

・パスポート

・携帯の電話番号

・最初に入れておくお金(10ユーロもあれば十分)

特に特別なものはありませんので、とにかく相手を納得させるということが大切です。留学1年目ではなかなか難しい部分もありますので、可能であれば知り合いで長年滞在している人や、または語学学校の人にヘルプしてもらうというのもいいでしょう。

おすすめ銀行口座①Caixa Bank

ここからはおすすめの銀行口座を紹介していきます。

まず初めに紹介するのはCaixa Bank(カイシャ・バンク)です。この銀行は2007年に設立された新しい銀行ですが、既にスペインの銀行では最大級の資産をもつ銀行になっています。また支店の数でもスペインでNo1です。

ではなぜこのカイシャをおすすめするかというと、「口座を開設しやすい」からです。なぜ開設しやすいかというとまだまだ歴史が浅く、どんどん顧客を増やしていきたいと考えているからです。そんな銀行にとっては新規口座を開設してくれるというのはありがたいことなんですね。

実際に私もカイシャで口座を開設したのですが、なんの問題もなく出来ました。

また、もう一つのメリットはスペイン全土にATMも支店もあるのでお金をどこでも下ろせるということです。これは銀行の機能としては大切なところですね。

おすすめ銀行口座②BBVA

2つ目の銀行はスペイン最大手の1つ、BBVA(ベ・ベ・ウヴェ・ア)です。

この銀行はなんとビルバオに本拠地を置く銀行で、前身のビルバオ銀行は1857年に設立されているという歴史のある銀行です。

この銀行の特徴としてもやはり「比較的口座を開設しやすい」ということです。比較的と書いたのは私の知っている範囲ではカイシャよりも断られている人をよく聞くからです。それもそのはずで、これだけ歴史のある銀行ですから、簡単にはい開設しますとはいきません。しかし本店がビルバオにあるということもあり、支店の数も多い。なのでダメならすぐに他の支店を見つけることができます。

また、ビルバオに住むのであればこのBBVAにするというのは非常に便利です。なぜならばATMの数が圧倒的に多いからです。どの街に行ってもまず目にするのがBBVAと言ってもいいほどあります。

もちろんスペイン全土にもありますし、Caixaよりも立地のいいところに置かれているケースが多いです。

おすすめ銀行口座③ Santander

最後に紹介するのはSantander(サンタンデール)です。こちらもスペインの北部、バスク州のお隣にあるカンタブリア州のサンタンデールが発祥の銀行です。

このサンタンデール銀行の名前は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?というのもリーガ・エスパニョーラの冠スポンサーでリーガ・サンタンデールとも呼ばれているからです。試合を見ていてもロゴがちょくちょく出てきます。

そんなサンタンデールのいいところはやはり「規模の大きさ」です。昨年資産ではカイシャに抜かれてしまいましたが、スペイン国内の多くの人はサンタンデールがNO1だと思っている人が多いでしょう。なぜなら歴史的にも古く、なおかつアメリカやラテンアメリカなどにも進出している多国籍企業で、スペインの銀行といえばサンタンデールと誰もが言うでしょう。

口座開設においては前述した2つの銀行よりも難しくなります。と言うのは最大手銀行なのでハードルが単純に高いということです。なのでサンタンデール銀行の口座が欲しいという場合はチャレンジしてもいいかもしれませんが、あまり期待しない方がいいかもしれません。

カバーしている範囲はもちろんスペイン全土ですのでその点に関しては他の銀行よりも優れています。

今回は銀行口座について紹介しました。まずは自分自身に必要なのかどうか、そして必要な場合は開設できるまで断られてもチャレンジし続ける粘り強さが必要です。ぜひ開設時の参考にしてみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事