サッカー留学について

スペインサッカー留学におすすめの都市紹介



 

スペインにサッカー留学を考えた時、一番に頭に浮かぶのはバルセロナではないでしょうか?それもそのはずです、スペイン=バルセロナのサッカーというイメージが日本の多くの人の頭の中にはあるからです。

それは日本のメディアのせいというのもあるでしょう。実際私もこちらにくる前はそのようなイメージを持っていましたし、他に知っている都市と言っても大してありませんでした。

そんな中でバスク州ビルバオを選んだのは知人がそちらで活躍していたということもありますし、いい都市を選んだとも思っています。

みなさんが都市を選ぶときに、有名どころで選ぶというのもいいかもしれませんが、実際にどのような都市があるのかということを知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。

今回はそんなスペインサッカー留学における都市選びの参考となる情報をお伝えしていきます。

地域によって異なるサッカーのタイプ

具体的な都市を紹介していく前にみなさんに知っておいてほしいことがあります。それはスペインの各地域でサッカーのタイプが異なるということです。どういうことかというとみなさんが想像するパスサッカーを主に行なっている地域はバルセロナの地方です。私の住んでいるバスクはどちらかというと縦に速く攻めるスタイルのチームが多いという特徴があります。

これを知らずに都市を選んで実際に行ったら「全然思っていたスペインサッカーじゃない。。。」となるわけです。

そもそもスペインサッカーなんてものは存在しません。スペイン代表が行っているスタイルはあるもののそれを全ての地域・チームが真似をしているわけではありませんので、ここを間違わないように注意してください。

それをベースにして話を進めていきましょう。

人気ナンバーワン都市 バルセロナ

バルセロナはスペインの東部にある都市で海に面している都市です。説明がいらないほど有名な都市ですよね。観光都市として世界でも有数、そして何よりここにはFCバルセロナ、RCDエスパニョールの2つのリーガ1部のチームがあり、バルセロナはサッカー好きの人でなくても知っているかと思います。

この地域の主なサッカーのスタイルは先述した通り、ボールを繋ぐスタイルのチームが多いです。もちろんチームによりますが全体的な傾向はそのような感じです。

なのでザ・スペインのサッカーをしたいと思うのであればこの地域に留学をするというのは選択肢の一つとしていいでしょう。

また、バルセロナの試合を週末には観にいけるというのは魅力的です。下部組織の試合も観にいけますので、特に指導者にとっては魅力の詰まった地域であることは間違いありません。

ではデメリットは?ときになると思いますが、いくつかあります。まず一つ目は日本人が多いということ。これはメリットでもありデメリットでもありますが、よくこのような話を聞きます。日本人が多いため日本人同士で固まってしまい言語レベルが上達しない、地域の風土になれきれないというようなことです。なので留学に来て異国の地で武者修行をしたいんだというような人にはおすすめではない地域ともいえます。

また、治安の面でもあまりよくはありません。一昨年の大規模な独立デモが起きたり、スリが多かったりとそういうことに出くわす可能性は他の都市よりも高いです。

サッカー的なデメリットは、繋ぐスタイルのため、日本人選手がその中で活躍しようと思ったら相当なレベルを持っていなければいけないということ。なぜならば日本の多くのチームも繋ぐスタイルを趣向しており、同じようなタイプの選手がバルセロナ地域では多くいるということです。その中で目立とうと思うと、想像に難くないと思いますが容易なことではありません。

やはり人気のマドリード

マドリードの地方にサッカー留学に行っている人というのはそこまで聞かないのではないでしょうか?というのもバルセロナの印象があまりにも強いからです。

実際にはマドリードはバルセロナに次いで留学生の多い地域です。それはそうですよね、ビッグクラブであるレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードがあり、なおかつスペインの首都ですから人気都市であることは間違いありません。

このマドリード地域のサッカーはスタイルが混在しています。レアル・マドリードを見れば分かると思いますが、相手によってスタイルも変わりますし、繋ぐことも縦に早く攻めていくこともできます。

そんなサッカーがこの地域では展開されることが多く、スペインの中でもサッカー理解度の高さが求められる地域です。

この地域でサッカーをするメリットは上記のようにサッカーインテリジェンスを必要とされるのでそこを身につけることができること、またさまざまなスタイルのチームがあり、そして何よりチーム数がかなり多いので、自分に合ったスタイルのチームを見つけやすいということもあります。

デメリットとしては、首都ということもあり物価が高いということ。そのためお金が他の地域よりもかかります。またバルセロナと同じく日本人が多いという点も考え方によってはデメリットです。

サッカー的なデメリットはチーム数が多いため登っていくのはそう簡単ではないということです。つまり選手のパイが大きいほどそこで目立つというのも大変だということです。

おすすめ都市ビルバオ

自分が住んでいるということも大きく影響していますが、ビルバオにサッカー留学に行くというのはおすすめです。

そもそもビルバオという地域を初めて聞いたという人も多いでしょう。実際私も留学する前まではビルバオのことはそこまで知りませんでした。

ではビルバオの何がいいかというと、そのサッカー熱の高さです。アスレチック・ビルバオというリーガ1部のチームを愛するビルバオの人々の熱量はスペインの中でもNo1と言っても過言ではありません。

そんなビルバオ地域のサッカーのスタイルは、縦に速いサッカーです。スペインサッカーをイメージしてきたら壁にぶち当たります。

ビルバオに留学するメリットは日本人が目立つということです。なぜならば日本人特有のすばしっこさや足元の技術の高さがこちらのサッカーの中でアクセントとなります。

また、サッカー以外の部分でも日本人が少ないため群れすぎることなく語学レベルも上達し、まさに修行の場としては適しています。

デメリットとしてはフィジカル的に潰されてしまうことが多い点で、逆にこれはスペインのどこの地域でやっても必要な要素なので、それを学ぶために最も激しい地域で学ぶというのもありかもしれません。

あともう1つメリット。それは食事がとにかく美味しいということです。他のスペインの地域から来た人も口を揃えてこれはいいます。食事というのは留学でも大切な要素の1つです。

陽気な雰囲気のセビージャ

セビージャはスペインの南部に位置する都市で、この都市は非常にゆっくりとした空気が流れている地域です。

スペイン人っぽいというと伝わるかもしれませんが、陽気なラテン系の地域でそれがサッカーにもつながっています。

日本人からしたらこの地域の人々は少し不真面目なように見えるかもしれません。実際にこの地域のトレーニングを見に行ったことがありますが、ビシッとしまった雰囲気ではなく楽しそうにゆったりとしている感じです。

それがいい悪いではなく、そういう地域性があるということです。

さて、この地域のサッカーの特徴は「個人技」です。トレーニングもドリブル系のものが多かったり、試合でも個人の力で突破を試みているシーンが明らかに多いです。

なのでそういうサッカーをチャレンジしたいという人にとってはこの地域はおすすめです。

デメリットとしてはメリットの反対で、トレーニングに強度が求められないということです。日本人からしたら少しだらっとした練習に耐えられないかもしれません。陽気な気質だけにそこはなかなか変えられないところなのかもしれません。

今回は4つの都市について説明しました。留学先を探す際にぜひ参考にしてみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事