1年以上の生活 住むことに関する全般 未分類

かなり苦労する!?スペインで中古車を購入 その1

以前記事で運転免許証をゲットする方法について紹介しましたが、運転免許証を手に入れたら次にすることは当然車をゲットすることですよね。

免許についての記事はこちら→https://spain-guide.site/2021/09/30/spain-untenmenkyo-taisikan/

車を購入すると言っても色々な方法があります。新車をディーラーで購入する、中古車を購入する、もしくは知人から譲ってもらうなどということもあります。

新車を購入するにはローンを組むか現金で一発で払い切るかどちらかですよね。しかし、学生ビザの場合はローンが組めないので、現金一発払いしかありません。もちろん数百万も現金で払えるほどリッチであれば問題ありませんが。

私はそんなに余裕もないので、こちらでは定番の中古車を購入することにしました

今回はその中古車購入のプロセス等を実体験をもとに紹介して行きます。

中古車を探すための2つの方法

中古車を探そうと思ったのですが、じゃあどうやって探したらいいんだ?と当然なった訳です。日本ならばお店を見つけることがすぐできたり、テレビ広告なんかでも出たりしてますからすぐに見つけられますよね。

こちらではそんな風にはいかないので、まず知人に聞いてみることに。するとネットでcoche segundo mano と検索すると出てくるよと。日本語にすると中古車という意味で、早速検索してみることに。

するとかなり多くのサイトが出てきます。どれを選んだらいいかわからなくなるので代表的なサイトを3つご紹介します。

・coches.net(コチェス ネット)

  https://www.coches.net/segunda-mano/

milanuncios(ミルアヌンシオス)

  https://www.milanuncios.com/coches-de-segunda-mano-en-vizcaya/

Autocacion (アウトカシオン)

  https://www.autocasion.com/

この3つの中で私が最終的に使ったのはmilanunciosというサイトです。

基本的な使い方は全て同じで、車を探したい地域、値段や車種等々の情報をフィルターにかけて検索すると大量に出てきます。

こんな感じです

他にももう一つ方法があります。たまに道にse vende という張り紙をしている車が駐車されているのをみることがあります。その車は個人で販売しているという意味で、書いてある電話番号に連絡をして直接交渉をするというものです。その方法で買う人も結構いるようです。実際にすぐに車を観れるので気に入ったら電話すればいいだけでスピーディーにことは進みます。

車を検索するときのポイント

さて、車をネットで検索するときに注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

①マニュアルかオートマティックかの確認

日本ではほぼ100%と言っていいほどオートマティック車が道を走っていますし、免許自体もオートマ限定で取っている人が多いのではないでしょうか?

しかし、こちらスペインでは、またヨーロッパのほとんどの国ではいまだにマニュアルが主流です。逆にオートマティック車を見る方が少ないです。

なので、もしオートマティック限定の免許しか持っていないのであればオートマティック車しか買うことはできません。

そんなオートマティック車を買うとなると、数が少ない上に値段が高いという悩ましい課題に直面してしまいます。もしまだ免許を取っていなくて、留学を考えているという場合はマニュアル車で免許を取ることをお勧めします。私はもう数十年前に何故かマニュアルで取っていたので今回選択肢を広げてみることができました。ラッキー。

ちなみにサイトではオートマティックだけのフィルター検索もできます。

②誰が販売しているの?

販売者には2通りあります。

まずは中古車業者が販売している会社のパターン。もう一つは個人がネットに載せて販売しているパターンです。

特にどちらがいい、悪いというのはありませんが個人が販売しているものは信頼性や保証もないので少し怖かったりもしますよね。しかし、会社の場合も対応が悪かったりと様々な問題があるようです。

より安心が欲しい人は会社のパターンを選択するといいでしょうし、より値段やスピード感を求める人は個人を選ぶといいでしょう。

③どのくらい走っているの?また馬力は?

値段をベースに車を選んだり、デザインがメインなどという選び方も良いのですが、どのくらいの期間乗りたいと考えているのかも考慮して選ぶと良いでしょう。

例えば30万キロ走っている車も売っていますが、そうすると故障のリスクも高く、1年乗れたら良いところかなとなってきます。10万キロくらいだったらあと3、4年はいけるかもしれないなどなど。

しかし注意してください。1万キロくらいで500ユーロなどという破格の値段の広告もありますが、大体そういうのは事故車です

また、もう一つCVとスペインでは表示されるのですが馬力(スペイン語ではcaballo)がどのくらいなのかというのも運転を快適に行うためには大切です。

100CVを超えるくらいを目安に選ぶと良いでしょう。そうでなければ坂道で登るのが大変だったり、高速でこちらは120キロがスタンダードなのでスピードが出なかったりもします。

いざ連絡を取って販売業者へ訪問するが。。。

検索をしていい車が見つかったら早速電話をしましょう。私は見つけた車が販売業者のものだったので、まずそもそもまだその車が販売されているのかを確認するために電話をしました。

私「もしもし、質問がありまして、まだオートマの〇〇の車ありますか?」

店員「はい、ありますよ。でもバレンシアにある車なので取り寄せが必要ですが、お店に来てくだされば詳しい情報をお伝えできますよ」

私「了解致しました、では明日朝に訪問させていただきます」

とアポイントメントをとる電話をしました。

さて、翌日。大体の中古車業者はビルバオ市街にあるため電車で20分、そこから歩いて20分。すると見えてきました。

「おーなかなか大きい中古車販売店だな、期待できそう」

と思ってドアをくぐり受付へ。

私「あの、昨日電話させてもらったものですが」

店員「あ、はいはい覚えてますよ、えっと〇〇の車ですよね」

パソコンで情報を検索してくれているのですが、その後、衝撃の一言が

店員「あ、もう予約されてますね。残念ながら他の車を探すしかありませんね。」

ガーン、というかあり得ないでしょと普通なら思いますよね?予約して今日来てるのに、すでに車が予約されているなんて、それだったら私に電話しなさいよと。

そんなことを言っても仕方ないので、他の車を見せてもらうことにしたのですが、ピンとくるものはなく、なんの収穫もなしにまた40分弱かけて帰路へ。

また振り出しに戻りです。オートマティックでしかも日本車を探していたので、数が少ないというかもうこの店にしかなかったのに。。。けどこれはスペインあるあるのようです。なので電話した時にもうほぼほぼ買うと決めていたら予約してしまった方がいいようです。

2社目の販売業者への訪問

仕方がないので再び探し直すことに。今度は日本車ではなく、こちらのメーカーでもいいかという幅を広げて探すことに。

そしてまたいい車を見つけ、連絡。今回も別の販売業車さん。

私「〇〇の車、売ってますか?」

店員さん「売ってますよ?」

私「そうですか、では明日行くのでその車予約しておいてくださいね」

店員さん「わかりました、お待ちしています」

同じ轍は踏まないぞとばかりに、しっかり今度は車を予約。これで問題ないだろうと思い翌日またビルバオ郊外のお店へ50分くらいかけていくことに。

少し今回は小さめのお店でしたが予約したからねと思い、ルンルンな気分で店内へ。

私「こんにちは、予約していたものですが、〇〇の車の件で」

店員さん「え?はい。少々お待ちください」

となんだか落ち着かない様子。新人さんかなと思いながら待っていると他のベテランのおじさんが衝撃の一言を

おじさん「その車は20日前に売れてしまってるよ」

耳を疑いました。思わず私は「え?。。。嘘でしょ?昨日電話であるって言ったから予約してきてるんじゃん」と怒り気味に。

おじさん「ごめん、多分電話出たやつのミスなんだ、他にもオートマはあるけど高いのばかりだな」

こんな恐ろしいことがあるのかと思いながら店を後にすることに。一度ならず、二度までも空振り。ちょっとダメージが大きくこれは業者さんはダメなんじゃないかと私の中で思い始めていました。

そしてまた探し直して、とうとう車をゲットすることになるのですが、その過程についてと諸々の手続きについては次回の記事で紹介します。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事