サッカー留学について 住むことに関する全般

バスクのメガマーケット!?で買い物をする 前編

みなさん、買い物をする場所といえばどこですか?そう、スーパーマーケットですよね?

スーパーマーケットは、マーケット(市場)を超える(スーパー)と言う意味で、伝統的な昔の市場にあるものを集めてそれを超越したマーケット=スーパーマーケットとなったようです。

しかし、スペインにはスーパーマーケットをデカくしたもの、その名もメガマーケットが存在します。

日本で言うならば、イオンや西友、イトーヨーカドーなどを思い浮かべてみてください。それらの売り場面積も品揃えも相当大きいと感じますが、それをさらに大きくしたもの、それがメガマーケットです。

そしてバスクにはメガマーケットの中でもEroski(エロスキ)がなんと言っても一番存在感があります。なぜならばEroskiはバスク発祥のスーパーマーケットで、そのメガ版ですから店舗数、またバスク商品の品揃えとしても一番です。

今回はそのメガマーケットという未知の世界に飛び込んだ記録を紹介していきます。

メガマーケットへ行く

現地に住む日本人の友達からある日「スーパーに買い物行かない?いいところがあるんだ」とお誘いの電話が。

買い物って、別に家の近くのスーパーがあるし、そんなわざわざ一緒に行くものでも無いのになぁと思いながら、「いいよ、行こう」と二つ返事。

「じゃあ車で迎えに行くよ」と言って電話は終わり、なぜわざわざ車で行くんだ?と思いながら友達の到着を待ち、車に乗り込み、連れられるがままに出発し、数分後、目的地に到着。

私「おいおい、これは。。。デカくね??」

友達(自慢げな表情で)「ふふ、これがメガマーケットってやつさ、来たことないでしょ?」

その私が驚いた外観がこちら

写真では伝わらないかもしれないですが、とにかくでかい。

完全にファーストインプレッションで心を掴まれてしまった私は、ワクワクドキドキしながら中に入ることに。

おすすめ商品がお出迎え

さて、スーパーの入り口を入るとまず出迎えてくれるのがセキュリティー担当の方々。荷物チェックはされはしませんがアルコール消毒しているか、マスクしているかなどなどがチェックされます。

そこを通過するとまずお迎えしてくれるのが、一押し商品達。季節のものやスーパーがこれをお勧めします!というプロモーション商品達がずらりと並びます。その数も半端じゃない。本当に1つの空間が出来上がっています。

ちなみにこれらは2つ購入したら1つは割引ますよというこちらの常套手段ですが、その割引率が半端ない。写真に書いてあるのは2つ目70パーセントオフ。オフしすぎだろと思っちゃいますよね。いいのか、そんなに割り引いて。

そんな商品を見ていると友達が一言

「素人はここで手を出してしまう、同じ商品が通常の陳列棚にあるから、他の商品と見比べた上で買うのが玄人の買い方なんだよ」

と。なるほど、確かに一理ある。ということで後ろ髪を引かれる思いを堪えつつ、次のコーナーへ行くことに。

いきなり安売りコーナー

プロモーションの島を越えると次に出迎えるのはお買い得ピックアップ商品のコーナー。

これは前のコーナーとは違い、特定の商品群を安売りで提供しています。例えばキッチン用品など、不定期に変わります。

魅力的です、安売りというだけで。そして近づいていき、ちょうどまな板が欲しいなと思っていたので値段を見てみると、驚き。

「え?1ユーロ??」なんと、まな板1ユーロ、125円くらいです。いや、安売りコーナーと言っても安くしすぎでしょ。100均じゃないんだから。と思わせられるくらい安いものが特別セールされています。

このコーナーはスルーできません。必ず立ち止まりましょう。欲しかったものが安くで見つかるとラッキーです。

私は別に欲しくないものもついつい買ってしまう事もあり、まんまとお店の戦略にハマってしまっていますが。

本屋さんですか?ここは?

入り口付近にある驚きのコーナー、それがブックコーナー。

いやいや、スーパーですよね。なんでこんなに本があるの?というくらいの品揃え。よくあるスーパーの一角の雑誌コーナーというレベルを超越しております。

さすがはメガマーケット。。。

この写真には写りきっていないのですが奥にも本のコーナーが続いています。

よくよくこのコーナーを見てみると、子供向けの絵本、大人が読む小説関係、そして学習書、漫画、雑誌と、小さな本屋さんを構えてますよというような規模です。

日本であれば、ショッピングモールやデパートの上階に本屋さんがあるイメージですが、スーパーの中にあるこの形態は斬新。もちろんそこに筆記用具関係なども売られていて、なんでも揃ってしまう。恐るべしメガマーケット。

PCが売っている。。。

本屋さんを越えるとまたまた驚きのコーナーが。目に飛び込んでくるのは大きなテレビ。なぜこんなところでテレビが売ってるの??スーパーでしょ??と驚きを隠せませんでした。しかしそれだけでは終わりません。

なんと、パソコンが普通に売っている、さらに携帯電話まで。パソコンをスーパーで売るなんて、その発想は日本にはないなと思いつつ、このなんでもありなメガマーケットの底力を感じます。

それだけではなく、コーヒーマシーン(かなり本格的なやつ)や家電がワンコーナーを占領しています。家電量販店に行かずともある程度のものが手に入ってしまうという、本当にすごい。

さらに値段的にも家電量販店と変わらない。だったら買い物のついでに(ついでにパソコンは買わないですが笑)何か買っちゃおうかなとなりますよね。実際私もプリンターのインクなどをここで買っています。

食器類、フライパンは当然のごとく大量に陳列

もうここまでで疲れるくらいスーパーにはあり得ないものを見過ぎていますが、さらに続きます。

続いてのコーナーはキッチン関係。まぁこの辺りのものは日本のスーパーにもあるかなと思いましたが、やはりその規模は桁違い。

数々のフライパン、お皿などなど、ここに来れば大体のキッチン用品は揃ってしまいます。

さらにこのキッチンコーナーには生ハムの塊をスライスするための台という、なんともスペインを感じるものも売っています。

そんなものを見ているだけでも楽しくなるコーナーです。

カーケア用品

まさかと思う人もいると思いますが、カーケア用品までもが売られています。私もこれにはビックリ。普通そんなもの売りますか?スーパーですよ?需要ないでしょ?と思っていたのですが、ちょくちょく人が訪れて買っているんです。意外と需要あるんだなと感心。

というのには理由があって、こちらにはガリバーやイエローハットみたいにカー用品の専門店がありません。あるとしてもDIYショップに売っているとかそういった感じです。なのでスーパーの中にカーケア商品があるとそこでみんな買うということなんですね。うまくできています。

極め付き、服が

カーケアコーナーを見た後、店内を進んでいくと、なんだか見慣れない光景が。今までの時点で散々見られない光景を見たのですが、なんと、服が売っている。服ですよ、スーパーの中に。私は思わず二度見しちゃいました。

そして思わず近づいていってしまいました。そこで売られているものは服、靴、下着となんとまぁ全て売られているではないですか。そしてそこで結構買う人もいることにも驚き。流石に試着コーナーまではないけれども、スーパーで服を売るという驚くべき発想。

この服コーナー、それだけでは終わりません。

ベビー服コーナーまでもがしっかりと備えられており、さらにそれに続いて寝具コーナー。枕や掛け布団などが売られています。下の写真を見てらったら分かりますが、スーパーにベッドですよ。考えられません。

さらにその近くにはオフィスコーナーとして椅子やテーブルまでもが売られています。

ちなみにここまででメガマーケットの前半部分まで来た状態です。既にこの規模には唖然とさせられました。

本当に前半で見るものが多過ぎて疲れるくらいですが、後半はスーパーっぽいものが多々登場してきます。しかし、そこはメガマーケット、その凄さを次の記事で紹介したいと思います。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事