1年以上の生活 事前準備 住むことに関する全般 未分類

スペイン・バスク留学生活 現地で携帯を契約しよう

スペイン・バスクに留学をする直前に非常に悩んだこと、それが携帯電話問題です。

携帯電話って海外で使えるの?どんな準備をしていかなければいけないの?などなど私だけでなく多くの人が知らない状態で来ていると言うケースが多くあります。

そりゃそうですよ、海外の携帯事情なんてわからないんだから。ネットで調べても、どういう方法がベストなのかなかなかはっきりとしたものがない。

なので今回は海外に留学や旅行で行く前に日本でしておくべきこと、そして現地ですることをスペインの携帯事情を踏まえて書いていきます。

日本で携帯をSIMフリーにする

まずは日本で準備しておくべきこと、それは今持っている携帯をSIMフリーにするということ。それだけです。

SIMフリーってなんのこと?と思う方もいると思うので少し解説。携帯にはSIMカードというものが入っていて、そのカードに利用者の識別番号や電話番号、メールアドレスなどの情報が入っているんです。

そして日本ではそのSIMカードがソフトバンクやドコモなど携帯会社がロックしている状態になっています。そうすることで携帯会社が他の会社のSIMに変えられないようにして、たか~い月間使用料をとっているわけです。

それをSIMフリーにする、つまり、SIMカードをスペインにある携帯会社のものに変えられるようにしておくということです。

SIMフリーにする方法は今ではネットでもできるようですが、ややこしいので、契約している携帯ショップに行くのが手っ取り早い方法です。

この作業は必須ですので、必ず行うようにしてくださいね。SIMフリーにしていなければこちらにその携帯を持ってきても使えません。

ちなみに携帯ショップで買ったものは全てSIMロックされています。アップルショップで買ったものは既にSIMフリーになっています。(他にもそういう携帯などもあるみたいなので買うとき、もしくは買った場所でチェックしてくださいね)

それが終わったら、次に選択しなければいけないことがあります。それは日本の携帯電話番号を残すか残さないか問題

つまり、携帯を解約してくるのか、維持するための維持費(会社にもよりますが500~1000円程度)を払い続けるのかということです。

私は迷わず解約しました。もちろんその結果、今まで使っていた携帯電話の番号は使えなくなりました。しかし、今の時代、LINEでどうにかなるため、携帯電話番号あまり必要ではないですよね?実際にこちらに来て3年になりますが、一時帰国する時も日本でSIMカードだけ買えばいいので特に問題を感じたことはありません。

1年で帰るんだとか、旅行で少しいくということであれば日本の携帯番号を残しておいた方がいいでしょう。

現地でSIMカードをゲットする

日本での作業を終えたら次は、いよいよ渡西。現地についてからやること、それは、SIMカードをゲットすることです。

ちなみに、日本からポケットwifiや海外で使えるSIMカードなんて買ってくる必要はありません。お金の無駄です。空港に着いた瞬間から市内でもフリーwifiが使えるので(電波は強くはありませんが)宿泊先に向かうのになんの問題もありません。

そうして到着したら、SIMカードを購入しに携帯ショップへいきましょう。

こちらにある携帯ショップはVodafone(ボーダフォン) ,Orange(オレンジ) , Movistar(モビスター) といった携帯会社がショップを至るところで構えてます。

そのお店に行って、プリペイド式のSIMカードを購入します。店員さんに『Quiero comprar una SIM de prepago (キエロ コンプラル ウナ シム デ プレパゴ』と言えば通じます。そうして指定されるギガ数を選んだら設定とかも全てしてくれます。

値段は、6ギガで10ユーロ 、12ギガで15ユーロでさらに多くのギガのものもあります。え?安すぎない!?と思いませんか?私は思いました。だって、プリペイドなので契約はしていないとは言え、日本で支払っていた携帯料金は月1万円を超えることもあるくらいなのに、日本円で1500円程度なんて。。。いかに日本の携帯会社が高いかが分かります。

また、携帯電話番号も割り当てられ、海外の携帯番号をゲットできちゃいます。これだけでもなんだかワクワクしますよね。

しかし、ご注意ください。プリペイド式なので、携帯会社によって異なりますが、28~30日で切れてしまいます。もしくはギガ数を使い果たした時点でネット接続ができなくなるので、またチャージをしなければいけません。そのチャージは携帯ショップに行くか、ネットでも行うことができます。

少し面倒ではありますが、留学初期やあとは旅行で1週間程度滞在するという際でもこの方法を取ることをオススメします。

現地で契約をする

半年以上留学するという人へのオススメの方法、それは現地の携帯会社と契約することです。なぜかというと、いちいちプリペイドだとチャージしないといけない手間がかかってしまう上、使い果たしたら突然使えなくなってしまいます。そうすると結構困るシーンがあります(実際にそういう経験をしました)。

あとは契約してしまえばその番号をずっと使えるというのもあります。プリペイドも使い続けるのであればいいのですが、例えば一時帰国などで1ヶ月も使わないとその番号がなくなってしまいますので。

ではどのようにして契約するのかというと、これも簡単で、携帯会社のショップに行けばいいだけです。そしてそこでプランを選んでという流れですが、これもまたそれほど高くないんです。私が今使っているプランでも8ギガで100分間の無料電話。これで20ユーロ です。実際どこに行ってもWi-Fiがあるので8ギガを使い切るということはないため、十分です。もちろん無制限使い放題プランもありますが、当然高くなります。日本よりは安いですが。

しかし、契約する上にはいろんなハードルがあるんです。

その1、現地の銀行口座を開設していなければいけない。そこからの引き落としになるため、日本のクレジットカードとかでは契約してくれません。

その2、NIEが必要。これは外国人登録カードのことで、長期留学でビザを申請したときにもらえるものです。

この2つがあってようやく契約ができます。どちらも長期留学する際には必要になるものですが、揃えるまでには数ヶ月を要するので、まずはプリペイドで始めて、途中から契約へと変更するという方法がいいでしょう。

要注意、勝手にギガが増えていく

先日あったことです。

携帯会社からの請求書が毎回メールで届くのですが、それを開けてびっくり。そこには「今月の支払いは75ユーロ です」な、な、75ユーロ !?普段は20ユーロくらいなのに、なぜ、急にそんなに増えるんだ。。。

「何か俺使ったのかな。。。いや、何もしてないしな・・・」と不安になりながら、けどあまりにも増えているので、携帯会社に問い合わせることに。

すると回答は

「契約の8ギガを使い果たしてらっしゃいまして、その後自動的にメガバイトを購入してもらっております。」

と。おいおい、待てよ。そんなの知らないよ。となりますよね。それをそのまま伝えると。

「その旨はショートメールの方に送らせていただいております、そしてそこで不要であれば言ってくださいとも書いています。」

と。ショートメールを見てみると、何度もそのメールが送られてきており、その度に自動的に購入していることになっていました。。。

完全に相手の言い分が正しい、証拠まである。しかし、私はなんだか納得がいかない。だって、普通必要だったらいうし、必要なかったら止まるでしょう、と。

そしてそのまんまクレームをつけました。だって70ユーロ も払うのは相当でかいですからね。

しかし相手も譲りません。なぜなら正当性は携帯会社にありますから。折れる気は無いんですね。サッカーでいうなら03くらいで完敗です。

しかし、そこで伝家の宝刀、最後の手段に私は打って出ます。

「そうか、分かりました。けれども、携帯会社を変えることを検討させて頂きます」

もう単なるクレーマーの様相を呈していますが、この一言は効果抜群です。そりゃ変えられたくないですからね。

その結果、なんと今回追加で使った分はチャラになりました。完全にクレーマーですが、こちらではこのような駆け引きは日常茶飯事、言ってみて損はありません。

兎にも角にも、このようなこともありますので、携帯会社からくるメッセージには広告も多いのですが、大切なメッセージもありますので注意してチェックしてください。

今回の記事はここまで。スペインに旅行、留学で来る際はぜひともSIMフリーにしてきてくださいね!

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事