1年以上の生活 サッカー留学について 住むことに関する全般

コロナ禍で問題だらけのスペインのビザ更新①

みなさん、こんにちは。今回は2回に渡ってビザ更新の話をしていきたいと思います。

スペインに限らず海外で日本人が滞在するにはビザが必要になりますよね?

私も当然ビザが必要で、今は学生ビザで滞在中です。

しかし、今回はコロナの影響で、ビザの更新がかなり難しく、そしてややこしいことになっています。

この留学生活で最もストレスがたまるビザの更新が、さらに困難になるというのは、かなりのストレスです。平常時であっても更新には何かしらの問題があったり、書類を揃えるのに時間がかかったりします。

さて、今回はそんなビザ更新で私が今現在進行中で行っていることについて紹介していきます。

本当に問題ばかりで、心が折れそうになりながらの今回の更新でしたが、先々こういうことで困ること、またビザ更新ってこんなに大変なんだということの参考にしてみてください。

非常事態宣言によって期限が切れる

「さてそろそろビザの更新の準備を始めよう」

そんなふうに思っていたのが、今年の3月。スペインの学生ビザは期限が切れる2ヶ月前から申請が可能です。私のビザは6月頭までの有効期限だったので準備を始めて、2ヶ月前になったら申請という算段でした。

そして書類を揃え始めようとしていた最中、314日にスペインで非常事態宣言が出され、外出禁止に。。。なんてタイミングが悪いんだと思いながらどうしようもない状態が続く。

そこから6月中旬まで結局何もできず、自動的に私のビザは期限切れになってしまう。

「おいおい、期限切れてしまったけど。。。」

と思っていたら流石にスペイン政府もちゃんとしていました。

自動的に6ヶ月間更新し、その間に更新の手続きをしなさいという措置が取られました。

そりゃそうですよね、かなりの数の外国人が住むスペインでみんな切れたからもうダメーっとはならないです。

これはスペイン政府、ナイス判断だ。と思いながらも、しかし、私のビザにはもう一つの問題が。

成績証明が手に入らない

学生ビザの更新にはいろいろな書類が必要になります。ざっというと、

・預金残高証明

・次年度度行く学校の入学証明書

・今年度通っていた学校の成績証明書(卒業証明書)

・医療保険の加入証明書

・申請用紙

・申請用の税金支払い証明書

というようなものたちです。

しかし、私にはどうしても手に入らない書類が1つあったのです。

それは今年度通っていた学校の成績証明書

なぜかというと、いろいろあるのですが、今年度行く予定だったサッカーのコーチングスクールが突然のルール変更で外国人はライセンスが取れなくなったため、すでにビザはそのコーチングスクールに行くことで昨年度更新していたものの、実質いけなかったということです。

そのため、学校に行きたくてもいけなかったので、成績証明書も何も出してはくれません。

そうなると、そもそも論、申請書類が揃わないということに

こういうことって結構あると思います。このパターンではなくても何らかの書類が手に入らないことは。

それでもいけるのかどうかを知るために、ビザの申請を行う場所である外国人センターへと予約を入れようとしたが全く予約が取れず。

そして、申請ではなく情報を聞きたい人はメールで問い合わせるようにとも書いていたので、メールを送ることに。内容としては予約取りたいということと、無理な場合、上記のような状態でも申請できるかどうかの質問。

メールを送って1週間。返事なし。さすがにと思ってもう一度リマインドで送る。

そしてそこからさらに1週間。

返事なし。

おいおい、頼むよと思いながらそこから数日。ようやく返事が。

「このファイルを参考にしてください」と一般的な書類における注意書きが書かれたファイルだけが送られてきました。↓

全く参考にならず、こんなに待ってそんな情報だけかよと思いながら、さて困った。

こうなったら新規で取り直す

さてどうしたものか、途方に暮れながらいろんな人に相談しました。書類不足のまま提出しちゃえとか、不法滞在とか(これは半分冗談です)とか。

そしてたどり着いた結論。

「新規で日本で取り直せばいいじゃないか」

ということです。

つまり、更新をスペインでするのではなく、日本に帰って(どちらにせよ夏場はいつも帰るのでちょうどいいので)また1から手続きをして取れば確実。

そう思って早速帰国し、書類を一気に準備。(2週間の隔離の後ですが)

揃えた書類は

・無犯罪証明書

・医師の診断書

・残高証明書

・海外留学保険の加入

・行きの航空券のコピー

・パスポート

・学校の入学書類

・申請用紙

といったものです。

これらを1週間ほどで揃えました。かなり急ぎました。なぜなら2ヶ月後にはサッカーの関係でスペインにいなければいけなかったので。

普通は1、2ヶ月くらいかけてゆっくりと集めるようなもの達です。

何が必要でどこでどう取得するのかわかっていたこともありますが、急げば1週間でできちゃいます(ということが今回わかりました)。

さて、それらを揃えて東京にあるスペイン大使館へ。

衝撃的な結果

私は日本では関西在住なため、関西からわざわざ申請のためだけに東京へ行かなければいけません。これはなかなか面倒。しかしそうも言ってられないので、新幹線でピュンと行き、六本木にある大使館へ。

大使館へ入り窓口で申請に必要な書類を提出。

すると、

係の方:「今はスペインに留学中なの?」

私:「そうです。けど期限が切れているので、しかも学校を変更もするので新規で取ろうと思いまして。」

係の方:「わかりました、けど今は6ヶ月間自動延長されてるからスペインで更新できるんだけどね。まぁ学校変えるということならいいか。一応NIEも出してね」

あぶないところだった。ここでダメって言われること自体想像はしてなかったけれど、もしそうなったら書類の準備だけでもお金結構かかってるのにそれがパーになってしまう。。。ちなみにNIEというのはスペインでの外国人用住民カードみたいなものです。

と思っていると

係の方:「ん?あなた今年度はどの学校にいたの?」

私:「サッカーのコーチングスクールですけど?」

係の方:「けど、NIEには語学学校の名前が書いてあるよ?」

私:「???」

係の方:「ほら、みて」

私:「???、ありえないんですけど??」

係の方:「けど書いてあるじゃない」

私:「いやいや、けどコーチングスクールの書類出して更新していますから、あり得ませんよ」

係の方:「うーん、じゃあ一度大使に聞いてみますね」

とスペイン大使のオフィスに係の方は向かう。

そして戻ってきて一言

「ここでは更新できませんね。同じ学校で更新するならスペインに戻って更新してください。」

ガーン。。。

もうそれ以上は取り合ってくれず、引き上げることに。

しかし、ありえない。確かにNIEには一昨年通っていた語学学校の名前が書いてある。(写真上から3行目)

それにしても新規で取り直せないなんて、何のために帰国したんだ。。そしてお金はパー。

帰り道はもう頭は真っ白、大使館のある六本木の道をてくてくと歩きながら「うわーどうしたらいいねん!!」と叫んでいました。

問題はそれだけでは済まない。

スペインに戻って更新しようにも、NIEには語学学校の名前が、けどそもそも今年度、語学学校行ってないし、成績証明書もらえない。コーチングスクールでももらえない。つまり書類が揃わない。こんなことで、ビザをゲットできなくなっちゃうのかと途方に暮れていました。

これが八方塞がりというものなのか、もうどうしようもないのだろうかと思って数日考え込みながら、けどもう日本では取れないことは確実になったため、なおかつ新シーズンも始まるので、不安を抱えたままスペインに渡西することに。

まぁなるようにしかならんと思いながらも、スペインに戻り、新シーズンの準備をしながら過ごすことに。

するとそんな中、1つの光が見えてきました。それについては次の記事で。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事