1年以上の生活 サッカー留学について 住むことに関する全般

ビルバオ買い物スポット紹介-スポーツ用品編-

サッカー留学でスパイクが壊れた、またソックスが必要だなど、スポーツをする以上その用品が欠けた時は補充しなければいけません。

しかも壊れるのは急にであり、明日必要なのにというようなことも多々あります。そんな時に必要なものが手に入るスポーツ用品店を知っていると助かりますよね。

また、お土産にこちらのブランドのスポーツ用品を買って帰ろうと考える人も多く、スポーツ用品店がどこにあるか尋ねられることは多々あります。

今回はサッカー留学にも、またお土産にもなるスポーツ用品店を紹介していきます。



総合型スポーツショップ

デカトロン(DECATHLON)

引用元:https://i.blogs.es/549dc2/capitol-min-copia/2560_3000.jpg

デカトロンはビルバオの中心地、アバンドにある総合スポーツショップで、スペイン全土でも数多くの店舗を抱えています。また、最近日本にも進出したことでも知られています。

このショップに行けば、だいたいのものは手に入ります。非常に大きく、サッカーはもちろん、山岳、バレエなどありとあらゆるスポーツの用品が揃っている驚きの大きさと品揃えです。

ただ、様々なスポーツを総合的に扱っているため、浅く広くという形でサッカー用品だけを見てみると品揃えが良いとは言えません。

バランスボールやポール、ヨガマットを家で使って体の調整をしたいなど、サッカー以外の用品やスポーツウェアを求める際にはお勧めしますが、サッカー専用のものをということであればお勧めはしません。

しかし、デカトロンオリジナルブランドである、kipsta(キプスタ)を買いたいというのであれば見てみる価値はあります。非常にお得な価格で購入することができ、デザインも決して悪くありません。

日本にはまだあまりないこのブランドを買って帰るというのも、1つの選択肢としていいかもしれませんね。

営業時間:10:00~21:00(日曜定休)

URLhttps://www.decathlon.es/es/store-view/tienda-de-deportes-bilbao-0070073800738

コルテイングレス(El corte ingles)

引用元:https://fotos02.laopiniondemurcia.es/2017/06/01/1024×341/corteingles.jpg

デパートであるコルテイングレスはビルバオの中心に位置し、最上階にスポーツショップコーナーがフロア一面に展開されています。

ここにはサッカーコーナーが設置されており、アスレチックビルバオのユニフォームやグッズ、その他にもバルセロナやレアル・マドリードのユニフォームやウェア等も販売しています。

また、ナイキ、プーマ、アディダスなど各ブランドのウェア、シューズも取り揃えられており、こちらにしかないようなものもあります。

その他にもランニング関係や、冬場には高品質なウインドブレーカーなどもありますので、サッカー以外の商品も充実しています。

営業時間:9:30~21:00 (日曜定休)

URL:https://www.elcorteingles.es/centroscomerciales/es/eci/centros/centro-comercial-gran-via

インタースポーツ

引用元:https://www.tradesport.com/revcms_render_image.aspx?date=20151211&id=0234839b-ea46-4668-aeef-3755bb4417f8&mode=1&width=698&height=441

インタースポーツは様々な種類のブランドを扱っていることで有名で、ナイキ、アディダスなど大手だけでなく、ムニッチ(munich)などスペインのブランドも数多く取り揃えています。

またミズノ、アシックスといった日本のブランドも扱っているのは嬉しいところです。

サッカースパイクなども販売していますが、メインはウェアとシューズでスポーツブランドのカジュアルウェア、シューズも多く普段着できるものも多々あります。

サッカー用品だけを求めていくと物足りなさを感じるかもしれませんが、移動着やランニングシューズを買いたいというときには特にお勧めです。

また、お土産として日本にはないブランドを見つけられるのもこの店のいいところです。

営業時間:10:30~20:00

URLhttps://www.intersport.es/storedetail?storeID=00770945

フォルムスポーツ

引用元:https://www.america-retail.com/static//2019/08/Forum-Sport.jpg

フォルムスポーツはサッカー用品は当然置いていますが、特にランニングや自転車関係に強い店です。

ゆえに、自主トレーニングでランニングをする時に必要なシューズを購入する時などには品揃えも多く非常に便利です。

また、ウェア関係も充実しており、普段着できるようなものも多々ありますので、ショッピング感覚で訪れても楽しむことのできるお店です。

営業時間:11:00~20:30

サッカーに特化したスポーツショップ

フットボールエモシオンビルバオ

引用元:https://www.futbolemotion.com/imagestiendas/Bilbao/galeria/Tienda-de-futbol-en-Bilbao—Futbol-Emotion—Grupo-Soloporteros-(3).JPG

ビルバオで唯一のサッカー専門ショップです。ここに行けばサッカーに必要なものはなんでも手に入るでしょう。レガスやインナーなど、必要なものがあればこのお店に行くことをお勧めします。

スパイクの品揃えも豊富で、サッカー好きであれば見ているだけでも楽しくなるような空間です。

また、ゴールキーパー専用コーナーもあり、日本ではあまり進出していないSPというブランドのものなどもあります。

他にもアスレチックビルバオのユニフォームやヨーロッパのビッグクラブのウェアなども販売していますので、お土産を購入するためにも訪れることのできるお店です。

そして何より嬉しいのは、ミズノの商品も扱っているところです。ビルバオ内では他に恐らくないでしょう。

そもそもヨーロッパ全体を見ても見つけるのは困難ですので、ミズノのスパイクを使用している人にとってはこのお店は外せないでしょう。

もし店頭になければ他店舗から取り寄せてくれます。

営業時間:10:00~20:00

URLhttps://www.futbolemotion.com/

アイトールキロラック

アイトールキロラックは街のスポーツショップというイメージのお店で、ビスカヤ県にのみ、3店舗だけ抱えています。

地域街クラブのウェアの取り扱いを担当する店で、メインブランドとしてjoma(ホーマ)というスペイン発祥のブランドを扱っています。

Jomaは日本ではまだあまり馴染みがありませんが、近年では多くのプロクラブがjomaのユニフォームを着ています。

そのjomaのシューズやウェアなどが豊富な種類を取り揃えているのがこのお店で、jomaを買うならばアイトールキロラックに行くといいでしょう。また、アウトレットショップもあり、リーズナブルな値段で購入することもできます。

営業時間:10:00~20:00

URLhttp://www.aitorkirolak.com/

ブランドショップ

ニューバランスショップ

引用元:https://www.cmdsport.com/app/uploads/2016/08/new-balance-bilbao.jpg

アスレチックビルバオのスポンサーが現在ニューバランスであることもあり、ビルバオ市内にはいくつかニューバランスショップあります。そこにはサッカーを中心としてカジュアル、ランニングシューズも揃えられています。

日本でもニューバランスのサッカー事業展開が進んできていますが、こちらではその倍以上のスピードで進んでいますので、スパイク1つとってもその品揃えは違います。ウェアにおいても同様ですので、ニューバランスユーザーにとっては嬉しいお店と言えるでしょう。

営業時間:11:00~20:00

URLhttps://www.facebook.com/newbalancebilbao

アシックスショップ

引用元:https://www.cmdsport.com/app/uploads/2019/06/asics-bilbao.jpg

日本のブランドで唯一直営店を持つアシックスのショップです。

しかし、このお店にはサッカー用品は取り扱っておらず、ランニング用品の専門店です。日本にはないヨーロッパ限定モデルのシューズも多々あり、アシックスを使用する人にとってはおすすめのお店です。

また、自主トレーニング用ランニングシューズを購入する際にもアシックスのシューズを探すならこのお店に行くといいでしょう。

営業時間:10:00~20:30(日曜定休)

URL:https://www.asics.com/es/es-es/store/0000004314/asicsbilbao-bilbao-es/

まとめ

スポーツ用品を買う際に、気をつけなければいけないことがあります。それはサイズも形も含めてヨーロッパ用に作られているということです。

ウェアに関して言えば、日本のサイズよりも1サイズ大きくなります。つまり日本でのMサイズがこちらではSサイズであるということです。

体の大きな人であれば、日本よりサイズが豊富に感じられますが、逆に小さい人にとっては子供サイズでもちょうどいいくらいのものもあります。

また、シューズに関しても、スパイクなどは日本人のように幅広設計はされていません。なのでフィット感が出ないなど問題も考えられますので、試着をしっかりと行って購入するようにしましょう。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事