スペイングルメ バスク料理 レストラン

バスクのグルメが楽しめるミシュランの星付きレストラン10選

美食の街で知られるバスク。世界中からフーディストや美食家達だけでなく、観光のメインとしても美味しいグルメを求めてくる人が絶えません。

特に日本ではバスクの旅番組の特集が組まれたり、バスチーなどスイーツが日本でも流行り出したりというように人気が高まってきています。

バスク料理とは何か、簡単にいうと現地で取れた食材を活かした料理で、炭火焼の文化も特徴的な料理達のことです。

優れた食材をいかに調理するか、火の通し加減でも味が変わり、それらを総合して料理を創作していく、それに優れた料理人達がバスクには多い為有名になっていると言えます。

今回はバスクにせっかく旅行に来たのであれば訪れてみてもらいたい、ミシュランの星付きレストランを紹介します。

ミシュラン三つ星獲得レストラン

マルティン・ベラサテギ(Martin Berasategui)

引用元:https://im.rediff.com/getahead/2016/oct/24martin-berasategui2.jpg

このレストランはオーナーシェフの名前を冠しており、そのオーナーシェフであるマルティン·ベラサテギ氏は言わずと知れた巨匠です。

バスク人である彼が作り出す料理は、伝統的なものではなく、彼のオリジナリティ溢れるお皿で構成されています。

味が確かなことはもちろんですが、レストランの雰囲気、ホスピタリティも含めて三つ星にふさわしい空間がおもてなししてくれます。

立地的にはビルバオからは車で1時間ほどかかります。なのでサンセバスチャンに滞在した時に行くというのがおすすめです。

予約はホームページから行えますが、人気店ですので旅行の日程が決まったらすぐに押さえるようにしてください。

HP https://www.martinberasategui.com/es/inicio

アスルメンディ(Asrumendi)

引用元:https://www.top10listas.com/archivos/i8s/3535e9a3069f95b6b079463640bd18bc16e47796.jpg

オーナーシェフであるエネコ·アチャ·アスルメンディのお店であり、1977年生まれとまだ若いシェフでありながら、三つ星を獲得しているだけでなく、2015年にはOADによるヨーロッパのトップレストランのNO1に輝くなど確かな実績を積んでいます。

エネコ·東京という名前のレストランで日本にも進出しており、エネコの料理のファンである人は多々います。

バスク人である彼の料理は新バスク料理であるとも言われており、革新的なお皿の数々で楽しませてくれます。

ビルバオからも車で10分程度と近くにある為、ぜひとも一度訪れることをお勧めします。

HP https://azurmendi.restaurant/

ミシュラン一つ星獲得レストラン

エチャノベ(Etxanobe)

引用元:https://ladespensadeletxanobe.com/files/2017/11/lasana_despensa_etxanobe_bilbao.jpg

ビルバオ市内で1つ星を獲得しているレストラン、エチャノベ。

フェルナンド·カナレス氏がオーナーシェフであり、バスクの伝統料理も出すこのレストランは価格帯も星付きレストランとしては高すぎない為、比較的気軽に訪れることができます。

デザートはシェフが直接聞きに来てくれるなど、シェフとのコミュニケーションが取れるところもこのレストランのいいところです。

HP ladespensadeletxanobe.com

ミナ(Mina)

引用元:https://coinfusion.files.wordpress.com/2013/09/pvb2dooj_plato06.jpg

アットホームでフレンドリーなスタッフ達の接客を受けながら、素晴らしい料理を楽しむことができる、心もお腹も満たされるのがこのレストランの特徴です。

旬の食材を活かした料理で、中には日本の料理を思わせるお皿もあります。

ネルビオン川沿いにあり、あまり観光客が訪れる様な有名な場所ではないため、少し駅から歩くことになりますが、いく価値のあるレストランです。

HPhttps://www.restaurantemina.es/

ネルア(Nerua)

引用元:https://www.baobilbao.com/wp-content/uploads/2018/04/nerua.jpg

ネルアはグッゲンハイム美術館に併設されているレストランで、先述した三つ星レストラン、マルティン·ベラサテギがプロデュースしています。

バスク料理に工夫が凝らされた料理の味は素晴らしく、それでいて美術館併設のため敷居が低く入りやすいという特徴もあります。

予約必須ですが、美術館の観光とともにぜひ訪れてみてほしいお店です。

HPhttps://www.neruaguggenheimbilbao.com/

オラ·マルティン·ベラサテギ(Ola Martin Berasategui)

引用元:https://verybilbao.com/wp-content/uploads/2019/02/restaurante-ola-bilbao-martin-berasategui-9-1024×683.jpg

こちらのレストランもマルティンベラサテギ氏によってプロデュースされたお店で、ホテルの中に入っているレストランです。

スコビエホ(旧市街)にあるレストランで、アクセスも良好です。

ネルアとの違いは、より本家に近いメニューが出されているという点で、全く同じではありませんが、メニューの構成も含め本家を思わせるでしょう。

HPhttps://taykohotels.com/en/gastronomia/ola-restaurante/ola-menus/

サラテ(Zarate)

引用元:https://lh3.googleusercontent.com/proxy/MFKl5CTdaz-9Ui8km-iYFTYVzJdm7RmgJ6KEU915oFQQ4ZATIgpRN9nma23Iui-YE5E6Klhgk4-kKytMqhK6-XY82GYBjldaECgzdckebqj5SpbACSFWfTA

サッカースタジアム、サンマメスの近くにある1つ星レストラン、サラテ。バル街の中に自然に並んでいる様子は普通のレストランを思わせます。

しかし、中に入りサービスそして料理を味わうと1つ星である所以が分かります。

その料理は、バスク料理でありますが、創作とオーソドックスなものをバランスよく提供してくれるため、バスクと新バスク料理の両方を楽しめる場所としてお勧めです。

HP http://www.zaratejatetxea.com/

ソルツィコ(Zortziko)

https://www.zortziko.es/wp-content/uploads/2018/03/1f0fb4bb5f781072ceb545a81d7521ed-900×444.jpg

2019年に1つ星を初めて獲得したレストランで、バスク料理の創作がメインです。料理の味はもちろんですが、アットホームで優しいサービスとその雰囲気も人気の理由の1つです。

また、1つ星にも関わらず価格帯が60~100代と低く設定されているというのも驚きです。

星付きレストランの中でも敷居が低く訪問しやすいと言えます。

HP http://www.zortziko.es/

エネコ·ビルバオ(ビルバオ)

 

引用元:https://verybilbao.com/wp-content/uploads/2018/05/eneko-bilbao-2019-8-1024×683.jpg

三つ星レストラン、アスルメンディのオーナーシェフ、エネコがビルバオ市内にオープンしたレストランです。

場所はエウスカルデゥナ国際会議場(サンマメス駅近く)にあります。

本家のアスルメンディに行くには車が必要だったりと距離が少しありますが、このレストランでも同様にエネコが作るメニューを楽しむことができ、その世界観を味わうことができますのでおすすめです。

HP https://enekobilbao.restaurant/

今注目のレストラン:エチェバリ(Asador Etxebarri)

引用元:https://imag.bonviveur.es/articulos/paisaje-alrededor-del-asador-etxebarri.jpeg

バスクの山岳地帯にある小さな村の中にある1つ星レストラン、エチェバリの名前はフーディーの間では知らない人はいないほど、今有名であり人気があります。

ビルバオからもサンセバスチャンからもアクセスが悪く、バスは通っているものの食事をして帰ろうと思うと、車でしか行けません。

それにも関わらず、予約は3ヶ月先までいっぱい、そして世界のベストレストランで3位に輝くなどその実力は確かです。

そんな田舎にあるレストランの何がいいのか、それはオーナーシェフであるビクトールの哲学であり生き方にあります。

彼はエチェバリがある村、アシュペの出身でその村で育ちました。その土地のものを食べ、その土地で生き、その土地を愛して生きています。

そんな彼の生き方を料理に表現するからこそ素晴らしいと言われています。

引用元:http://eatosaurusrex.com/2014/11/25/20110630-etxebarri-spain-3235-steak.jpg

エチェバリが人気な理由は、ビクトールが表現する料理は、地元で取れた食材の魅力を最大限に引き出した料理を提供している点にもあります。

もともとは地元の方々に喜んでもらえる様に、地元で採れた野菜、お肉を使って料理をしていました。

そこから人気が出てきて外からも食べにくる人が出てきただけで、そのやり方は一切変わっていません。

また、エチェバリを表現するときに、炭火焼きというフレーズを欠かすことはできません。人気メニューであるチュレトンの火入れ、その入れ具合によってお肉の味を活かすか殺すかが決まります。その絶妙な火入れ具合によって、訪れた人々の舌を唸らしているのです。

予約をとること自体は非常に困難ではありますが、バスクを訪れる予定が前々から決まっている際は是非とも訪れる事をお勧めします。

HP https://asadoretxebarri.com/

まとめ

今回はバスクの中でもビルバオの星付きレストランを紹介しましたが、バスク全体となるとその数は更に増えます。

それだけバスクには美食文化が根付いているという事であり、バスクという地域が築いてきた財産でもあります。

バスクに旅行に来た際には、旅の思い出として星付きレストランで食事をしてみるというのもいかがでしょうか。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事