カフェ スペイングルメ バスク料理 レストラン 未分類

バスクのグルメを楽しもう-スイーツ編-

バスクは世界的な美食の街であり、バスク料理は素材を生かした美味しさで人気を博していますが、スイーツに関しても負けじと人気が高いです。

例えば日本であれば、バスチーという商品名でバスクチーズケーキがコンビニで販売されていたりとバスクのスイーツにインスパイアを得て開発されたものもが有名ですね。

バスクチーズケーキhttps://amzn.to/42mttIH

日本でも人気のバスクスイーツですが、バスクで考えられている美味しいスイーツと日本の美味しいでは違いがあり、バスクではこのように考えられています。

甘いスイーツ=美味しい

なので多くのスイーツはかなり甘いです。甘い物好きには問題ないかと思いますが、そうでない方にとっては食べるのが大変かと思います。

日本人にとっては甘すぎると思うくらいのスイーツが多いバスクですが、今回はバスクに来たらぜひ食べてみてほしいスイーツの数々を紹介します。

スイーツシリーズ以外にも下記のシリーズがありますのでぜひご覧ください

バスクのグルメを楽しもう-ピンチョス編-https://spain-guide.site/2019/12/23/vascagurmetpintxos/

バスクのグルメを楽しもう-郷土料理編-https://spain-guide.site/2020/02/20/vascokyoudoryouri/

①タルタ・デ・ケソ(tarta de queso)

タルタ・デ・ケソとはチーズケーキのことです。日本から観光に来た人たちは、このようにイメージしています。「バスクにあるチーズケーキは全部あのトロトロのチーズケーキでしょ」と。しかし、そうではありません。なぜならば、

バスクチーズケーキとは日本人が勝手につけた名前

だからです。このバスクチーズケーキと日本人が付けたトロトロのチーズケーキはサンセバスチャンのラ・ビーニャというバルのケーキで、そこのチーズケーキはトロトロだというだけです。

それを知らずに他の店で注文すると、レアチーズケーキが出てきたり、ニューヨークチーズケーキが出てきたりしますのでご注意ください。もちろんそれらのチーズケーキも美味しいですよ。

ただ、勘違いしないでいただきたいのは、ラ・ビーニャのチーズケーキはうなる程の美味しさです。「これがチーズケーキか!?」と思わず口にしてしまうほどの独特さで、人生のチーズケーキランキングのトップにすぐに位置するでしょう。

バスクに来たならばそのトロトロのバスクチーズケーキをぜひ食べて頂きたいですが、ラ・ビーニャはサンセバスチャンにあり、そこまでいかなければ食べられません。

しかし、全く同じではありませんが、いわゆるトロトロのバスチーをビルバオでも食べたいというときはピンチョスシリーズでも紹介したグレトキに行けば食べることができますので、ぜひ行ってみてください。

ラビーミャ:http://lavinarestaurante.com/

グレトキ:http://www.guretoki.com/

②ゴシュア(goxua)

引用元:https://canalcocina.es/medias/_cache/zoom-563338fe39efa4b1ee1e32e129a5e465-920-518.jpg

ゴシュアはバスクの代表的なスイーツの1つとして知られています。

中身は生クリームとスポンジ、その上にカスタードクリームが重なり、最後にカラメルがたっぷりとかけられています。

ゴシュアはバスク語で「甘い」という意味で、まさにその名の通り

甘すぎるほど甘いスイーツ

です。日本では食べることのできないレベルの甘さとともに、独特の味を持っているため一度食べてみることはお勧めします。私は1度で十分でしたが。。。

もちろん現地の人々にとっては人気の食べ物で、この甘さが美味しいんだと言ってペロッと食べてしまいます。

どこのレストランでもメニューにありますので、食後のデザートにぜひ一度挑戦してみてください。

③パステル・バスコ(pastel vasco)

引用元:https://static.eldiariomontanes.es/www/multimedia/201805/07/media/cortadas/ezcurdia05052018-kfuE-U501842448680QaD-624×385@Diario%20Montanes.jpg

パステル・バスコは日本ではガトーバスクという名で知られています。

ガトーの中身がカスタードクリームでできているお菓子で、バスクのスイーツといえば皆パステル・バスコだと現地の人も言うほど伝統的でかつ代表的なスイーツです。

味はお店によって若干異なりますが、甘すぎずもなく気軽に食べることのできるスイーツと言えます。

パステル・バスコはパン屋さんやお菓子屋さん、またお祭りの出店でも買うことのできる一般的なスイーツで、大きいものから1人用まで様々なタイプがありますのでぜひ1つ摘んでみてください。

④アロス・コン・レチェ(arroz con leche)

引用元:http://www.hacemosvidasana.com/wp-content/uploads/2013/07/arroz-con-leche.jpg

アロスはスペイン語で米を、コンは一緒に、レチェは牛乳を意味し、つまり簡単に言うと牛乳ごはんのスイーツ

ということになります。お米をこよなく愛する日本国民としては、それに牛乳を混ぜるなんてあり得ない…米への冒涜だ!と言う人もいますが、食べてみると以外に?いや普通に美味しいスイーツです。

実際にはお米の牛乳リゾットのようになっており、お米の粒感を残しつつ、シナモンを利かしたデザートで、舌触りもよく新しいスイーツに出会ったと言う感覚を受けます。

こちらではポピュラーなスイーツですので、スーパーで売っていたり、レストランのデザートでは必ずと言っていいほどメニューに載っています。

想像や見た目以上に美味しいスイーツですので、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてください。

⑤カロリーナ(calorina)

引用元:https://blogs.eitb.eus/bilbao/wp-content/uploads/sites/2/2013/05/Carolina.jpg

ビルバオ の街中を歩いていると多くのパン屋さんやお菓子屋さんが並んでおり、ふと目にとまるものがあります。

黄色と茶色、白色がくるくるとソフトクリームのように巻かれたものがウィンドーに並べられています。それがカロリーナです。

カロリーナはビルバオ発祥三大スイーツの1つで、タルト生地の上にフワフワしたメレンゲが10cm程度にも盛られた焼き菓子です。

サクサクとしたメレンゲの表面と中はふわっとしたその食感のギャップを楽しむことができます。味は非常に甘い。

シンプルにチョコレートとメレンゲにかけたシロップの味ですので、味よりも食感の面白さを楽しんだ方がいいでしょう。

ビルバオ発祥というだけあってどこのお菓子屋さんに行っても、パン屋さんに行っても出会うことができますので、気軽に購入して食べることができます。

⑥パステル・デ・アロス(pastel de arroz)

引用元:https://blogs.eitb.eus/bilbao/wp-content/uploads/sites/2/2014/11/PastelArroz.jpg

ビルバオ発祥の3大スイーツの1つであるパステル・デ・アロス。直訳するとお米のケーキという意味ですが、お米を使っているわけではありません。

それなのになぜお米のケーキと言われているかには諸説あり、アロス・コン・レチェを別の方法でケーキにしたという説や、元々米粉でタルタを作っていた海外の技術をビルバオに入った際には小麦粉で作ったからその名残を残しているなどです。しかしどれが確かな説かは未だ不明です。

どういうスイーツかというとタルト生地の上にカスタードクリームがのったスイーツで、甘すぎず、サイズも小ぶりでちょうど良く、私が好きなスイーツの1つです。

パン屋さんでもお菓子屋さんにも置いていますので、ぜひカフェと一緒に食べてみてください。

⑦ボヨ・デ・マンテキージャ(bollos de mantequilla) 

ビルバオ発祥の3大スイーツの最後はボヨ・デ・マンテキージャ。

これはスイーツというよりも菓子パンといった方が正しいのですが、お菓子屋さんにも売っているので一応スイーツの部類としても紹介しておきます。

ボヨ・デ・マンテキージャはコッペパンよりもふわっとしたパンにバタークリームが挟まった至ってシンプルな菓子パンです。

しかしこれが美味しい。一度食べるとはまります。またお店によって味が違い、人気店のものを食べるとリピートしたくなります。

店頭に置いてなくて、注文するときには注意してください。私は一度バルで朝食を食べるとき、ボヨ・デ・マンテキージャが食べたくて「マンテキージャください」とだけ言ったがために、バタートーストが出てきました…マンテキージャはバターという意味なんです。

ポピュラーな食べ物ですので、パン屋さんやお菓子屋さんだけでなく、スーパーにも売っています。どこでも食べられますが、人気店をいくつか紹介しておきますので、ぜひビルバオに来たら食べてみてください。

 ラ・オカ(La OKA):https://www.laoka.es/

マルティナ・デ・スリカルダイ(Martina de zuricalday):https://www.martinazuricalday.com/

まとめ

今回紹介したスイーツ以外にもバスクには様々なスイーツがあります。例えばチーズプリンやミルフィーユなど、レストランによっても名物デザートが存在します。

また、チーズケーキひとつとってもお店によって羊のチーズやヤギのチーズを使ったり、こちらの有名なイディアサバルのチーズを使ったりと、様々なこだわりがお店ごとにあります。

バスクに来たらスイーツ巡りをするというのも1つの楽しみ方ですので、ぜひとも試してみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事