サッカー留学について 事前準備

スペイン・ビルバオへの短期サッカー留学で渡航前に準備するべき必需品

スペインに短期でサッカー留学をすることが決まり渡航の日が迫ってきたときに、いざ準備するぞと考えると、一体何が必要なのだろう?ボールはいるのかな?などと迷うことは当然あると思います。

世の中便利になっておりますので、現地に行って不足しているものを購入するということもできますが、言葉のわからない中それを行うのはストレスの溜まることですので、できる限りのものは準備していきたいものです。

今回は留学に際して必需品となるものを厳選して紹介しますので、出発前の参考にしてください。

サッカー練習時用具セット

サッカー留学をするので当然ですが、サッカー用具として基本的なものは揃えていくようにしましょう。

・スパイク:人工芝用のものがおすすめ。1足で十分

・レガース(練習参加のみであれば不要)

・トレーニングシャツ、パンツ(紺系などカラフルでない方が良い)2セット

・ビーチサンダル

・タオル

トレーニング時の服装

トレーニング時の服装には日本との違いもあり、注意すべき点もあります。

まず日本ではレガースは練習で必ずつけなければいけませんが、こちらではつけなくても大丈夫です。そのため、ソックスもスネ程度までのものでもOKとされています。

服装で注意すべきなのはトレーニングシャツのカラーで、目立つ色にするとビブスの色と被ってしまいますので、目立たない色にしましょう。準備するシャツの枚数は練習が日本のように毎日ではなく、週3日程度ですので2着あれば十分足ります。

また、スペインの特定のチームのエンブレムの入ったシャツは避けたほうがいいでしょう。例えばビルバオでレアル・マドリードのシャツを着ていると白い目で見られます。(ほとんどの人がマドリードを敵対しているためです。)

冬場に留学する場合、日本であれば上下ピステやウインドブレーカーを着てトレーニングしますが、こちらでは上はピステ等を着ますが、下は半パンでトレーニングするのがスタンダードです。

ボールに関しては、基本的にチームが用意してくれていますので持っていく必要はありません。

ビーチサンダルは必要なのか?と思うかもしれませんが、必須アイテムです。何故ならば、練習後にロッカールームにあるシャワーを浴びて帰るというのがスペインでは常識でありマナーです。裸足で浴びると怪我の原因にもなりますのでサンダルを持参しましょう。

季節に応じた私服のチョイス

スペインは地域によって気候が異なっており、今回はビルバオの季節ごとに用意するべき服装を紹介します。ビルバオには日本と同様に四季があり気温自体も同じように変化していきます。

1月4月初旬

雨の日が続き、気温が非常に低い。雪が降ることはありませんが、湿気の多い寒さのため芯から冷えてくるような寒さを感じる時期です。

服装としてはダウンジャケットなど厚手ものかつ、防水を施したものを着ることをお勧めします。また、靴はGOATECなど防水性のものを履くようにしましょう。

4月中旬−6月中旬

寒暖の差が朝夕と日中で激しい。朝は寒く、昼間からは気温が上がり暑さを感じるため、長袖Tシャツにパーカーなど羽織るものを準備するというのがお勧めです。

日差しも強くなり始めるため、目が弱い人はサングラスを持参するようにしましょう。

6月末9月中旬

日本の夏のように暑い日が続き、気温も35度前後程度まで上がる日もある。日差しは強いが湿気が少ないため、日本のようなジメジメした暑さはないので比較的過ごしやすいです。服装は半袖短パンスタイルがスタンダードです。

9月末10月末

日本の秋にあたる時期で、少し肌寒さを感じる。日中は太陽が出ると気温が上がって暑いため服装としては半袖にカーディガンやパーカーを羽織るといいでしょう。

11月12月末

雨の日が多く、降ったり止んだりを繰り返す時期。気温もぐっと下がり寒さを感じる。服装としてはダウンジャケットなど厚手のものを準備し、雨対策として防水のシューズを着用するようにしましょう。

電子機器関係

電子機器としてスマホは欠かすことのできないアイテムでしょう。短期の留学であればその他の電子機器は持ってくるものは多くないでしょうが、コンセントの種類を含めてここでは紹介していきます。

コンセント

まず、コンセントは2つ口のCタイプと呼ばれるもので、日本のものと形状が異なりますので、プラグを購入して持ってきましょう。電気屋さんで1つ200円程度で売っています。

iphoneなどの充電で使う程度であればそれだけで十分で、変圧器は必要ありません。というのもiphoneは電圧が世界対応しているため、変圧する必要がないからです。

SIMカード

スペインのビルバオ市内や空港ではフリーWIFI が使用できます。また、一般的な家庭やバルでもWIFIがあるためパスワードを聞いたら接続できます。

しかし、念のためにも携帯は常に使える状態にしておきたいものです。そんな時にはSIMカードを日本で購入して持参することをお勧めします。現地で購入するという方法もありますが、手間等を考えても日本の空港等で購入してくるようにしましょう。SIMフリー携帯でない場合は、ポケットWIFIなどを契約して持参することをお勧めします。

薬関係

慣れない環境に身を置くと、風邪をひいたり頭が痛くなったりと体調が悪くなるということはよくあります。スペインにも風邪や頭痛を抑える薬などは販売されているため購入することはできますが、比較的強いものが多く、飲むのは控えたほうがいいでしょう。

また、サッカーをしていて軽いケガや打撲をしたという時のためにもある程度のものは準備していくことをお勧めします。

必要最低限持参すべきものは下記の通りです。

・風邪薬

・頭痛止め(バファリンやロキソニンは解熱作用もあるのでお勧め)

・湿布

・絆創膏

スペインには湿布や絆創膏はありませんので、念のためにも持っていったほうがいいでしょう。

また、コンタクトを使用している場合、コンタクトの洗浄液やケースは万一忘れたとしても現地の薬局に行けば売っていますので安心してください。

お金

サッカーの短期留学で主にお金を使う先としては、現地のレストランで食事をしてみたり、試合の入場料を支払ったり、お土産を買ったりという程度でそこまで多くはありません。2週間程度の留学であれば200ユーロ現金で持っていけばお土産等も含めても十分足りるでしょう。

現金を多少持って行ったほうがいいのと同時に、クレジットカードは必須アイテムとして持参することをお勧めします。日本と違い、スペインではカード払いをするというのがスタンダードであり、スーパーでもバルでもカードで支払う人が大半です。

また、現金が必要になった時は、クレジットカードからキャッシングで現金を引き出せますので、問題ありません。町中にATMはたくさんあり、簡単に引き出せます。

よく日本円を持ってきて、ユーロが足りなくなったから両替したいという相談を受けますが、ビルバオでは銀行でしか取り使ってくれず、両替に非常に手間がかかりますので、その方法は基本的には考えないようにしましょう。

お土産

スペインではどこかに行ったからお土産を買ってくるとか、海外からやってきたからお土産を渡さなければ失礼というようなことはありません。お土産を持参するというのは、日本のいい文化の1つであると言えます。

そのため、チームにお世話になる際、チームメイトや監督、ディレクターやクラブの社長にちょっとした日本のお土産を渡すと非常に喜んでくれ、チームに溶け込みやすい雰囲気もすぐに作ることができます。

お土産にはお菓子など簡単なもので十分です。現地の人が喜んでくれるオススメのものを今回は紹介します。

お菓子系(チームメイトなどばらまき用)

引用元:http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/rurico/4465

・ハッピーターン 間違いなく人気。皆喜んで食べてくれます。

・うまい棒 サクサクした食感と味がしっかりしているのが好まれる

・ハイチュー 日本に帰ったら買ってきてくれと頼まれるくらい人気

・グミ スペインはグミ大国のため日本の上質なグミは新鮮で人気

日本を感じるお菓子、例えば抹茶系やあんこ系などは好き嫌いがあり食べない人が多く、また海鮮系の味のするものもあまり好まれません。繊細な日本の甘さよりも、大味なものの方が好まれる傾向にあります。

日用品系(ホストファミリーなど少数用)

引用元:https://image.rakuten.co.jp/wasou-kimonoya/cabinet/1bn1854.jpg

・扇子 扇子を使う女性は多数おり、日本特有の柄の入ったもの。

・ハンカチ 日本の柄入りのもの

・ボールペン 日本のメーカーのボールペンは質が良く喜ばれる。

スペインでは日本の商品というのはそこまで出回っておらず、日本を感じさせる柄が入っていると基本的に喜んでもらえる(中国の柄物を日本のものとして販売されてたりする)。

また、ジャパンクオリティは人気が高く、ジェットストリームのボールペンなどは買ってきてと頼まれるほど。無印の商品などもこちらでは人気ですのでお土産にもオススメです。

まとめ

今の世の中多少のものは忘れたとしても、現地で購入すればなんとかなりますが、事前に準備しておき無駄な支出を抑えるというのは大切なことです。

今回紹介したものは、準備するべきものの中でも忘れてはいけないもの、もしくは現地で調達しづらいものを紹介していますので、出発前の準備リストに書いてチェックすることをお勧めします。

今回記載していませんが、パスポートを持ってくるというのは当然です。よく空港に着いた時に忘れていることに気づくなんてこともありますので注意しましょう。

ぜひ、いい準備をして素晴らしい留学にしてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事