スペインで困ること 文化の違い

留学前に知っておきたいスペインの食習慣

日本とスペインは国が違い文化が異なる分、食事の習慣においても様々な違いがあります。サッカー選手にとって、食事というものは体を作るために大切なことであり、日本で食育と言われているのも食事の大切さを考えてのことです。

その違いを知らないまま留学し、食事で苦しんで体調を崩してしまいサッカーが満足にできないというようなことも起こりかねません。

今回は留学前に是非知識として知っておいてもらいたい食事の違いと、準備しておくべきものについて紹介していきます。

食事の時間帯は日本と大きく違う

日本とスペインの食習慣の違いの1つとして、食事を摂る時間の違いがあります。日本のスタンダードでいうと、

朝食7:00 昼食12:00 夕食19:00

といったところでしょうか。もちろん個人や家族によっては多少異なるかもしれませんが、そのような時間帯が一般家庭ではあると思います。

ではスペインではどうかというと、

朝食8:00 昼食14:00 夕食21:00

朝食の時間帯はほぼ日本と同じなので問題はありませんが、昼食が遅く、さらに夕食は21:00を過ぎるというのがスペインでのスタンダードです。

私自身慣れるまでは昼食までお腹が空いたり、夕食の時間が遅く余計な間食をしてしまったりと少し苦労しました。

ちなみにカテゴリーによってはサッカーの練習が22:00に終わることもあり(大人のカテゴリーではなく)、夕食が23:00を過ぎるということもありますので覚悟しておいてください。

スペインではお昼ごはんがメイン

スペインで昼食から夕食まで時間がかなり空いていますが、それはメインの食事が昼食だかです。昼食をしっかりと摂るので夜まで保つことができるのですね。

朝食はパンとオレンジジュースとコーヒー、もしくはクッキーやシリアルとジュースなど軽食程度のものしか食べません。目を覚まして少しエネルギーを摂取するというイメージですね。

 

昼食では肉料理とスープとサラダなど、いわゆる日本の夕食で食べるようなボリュームの料理が食卓に並びます。

また、レストランに行くとメニュー・デル・ディアという日替わり定食のようなものもあり、前菜、メイン料理、デザートという形でしっかりと食事を摂ることもできます。

この昼食で最も活動量の多くなる午後からのエネルギーを摂取するという考えです。日本ではお昼は食べ過ぎると眠たくなるから控えめにしよう、といったこともありますが、スペインではシエスタ(お昼寝)の文化も未だにありますので、眠たくなっても大丈夫です。

夕食ではスープ料理が出てきたり、揚げ物が少し出てきたりといった形でボリューム的には少なくなります。

え、これだけ?と思うようなこともあり、私はホームステイ時は最初は少し物足りなく感じて部屋でパンを食べたりしていました。スペインでは夜は寝るだけなのであまりエネルギー量を必要としないという考え方です。

主食はパン?それともお米?

スペインではパンとお米どちらをメインで食べることができるのか、やはり日本でお米文化で育ってきた我々にとっては大事な問題ではないでしょうか。ではスペインでの主食はというと、

        パン

です。食事の際はバケットを切ったものが添えられ、おかずと一緒に食べるというのがスタンダードです。

しかし、パン文化だけあってその味は日本と比べても美味しいと言えます。また、街中には様々なパン屋さんが見かけられ、焼きたてのパン、見たことのない菓子パンなどが並んでいます。

お米は食べないのかというと、そうではありません。ヨーロッパの中でも食べる方だと言われており、日本米のような小粒で丸いお米も食べることができます。

しかし、白米がそのまま出てくるということはなく、リゾットやパエリアになっていたりという料理の1つとして出てきます。

また、プレートがメニューにある場合などはパンかお米を選ぶことができるお店が多いですが、白米がそのまま出てくるということはなく、オリーブオイルと塩やニンニクで味付けされているもがほとんどです。スペインに来たら日本の白米は食べられないと覚悟してきてください。

食事はコミュニケーションの場

日本で家族や友人と食事をする、いただきますしてご馳走様まで1時間程度、家であればもっと短いかもしれませんね。

また、学校で「食事中は喋らずに食べましょう」なんてことを教えられた記憶はないでしょうか?日本では食事にはあまり時間をかけない、また静かに食べることがマナー、そのような印象があります(もちろん全てがそうではありませんが)。

スペインの食習慣で最も大切なこと、それは

食事は家族、友達と喋りながら楽しくコミュニケーションをとる時間

ということです。昼飯に2時間かけてゆっくり食べたり、その間話しっぱなし。大人はワインを片手に、とにかくみんな笑顔で食事と会話を楽しんでいます。

その風景を初めて見たときは「幸せそうだな」と感じたほど、食事の時間をこちらでは大切にしているのですね。

休日になるとそれは顕著で、家族でレストランに出かけて食事をすることが多く、町中のバルやレストランは家族連れであふれています。

この食事に対する考え方は、家族や友人との絆を強くする大切な文化で、私はこの国民性は素晴らしいなと感じています。

小腹が空いたら間食する文化

スペインにはバル(バー。お酒も提供するが、食事やカフェを撮る場所でもある)やカフェテリアが町中至る所にあり、少し時間ができたときや休憩で入ったりします。

学校の休憩時間や、小腹が空いた時にはカウンターに並んでいる菓子パンやピンチョス(バスク地方の食べ物)を食べる、もしくはパンやフルーツなどを家から持参して食べるというのがこちらの間食のスタイルです。

朝ごはんを少ししか食べず、昼まで時間があるため間食しないと空腹で耐えられないのです。また若者たちはポテトチップスを食べたり、グミを食べたりとあまり体にはよくない間食をとっていることもよく見かけられます。

育成年代のサッカー選手も練習前にそのようなものを食べているというシーンも見かけます、もちろん良いことではないですが。

サッカー留学できた時にお勧めする間食としては、フルーツやボカディージョ(バケットにハムなどを挟んだもの)です。

フルーツはスーパーやフルーツ屋さんで安くで売っており簡単に手に入ります。ボカディージョは練習後の栄養補給として炭水化物とたんぱく質の両方をとることのできる食べ物としてオススメです。

留学に持っていくオススメの食品

郷にいれば郷に従えという言葉があるように、スペインに来たならばスペインの食べ物を食べて過ごすべきではありますが、どうしても食事が合わないということもありますし、お肉料理が中心のスペインでは栄養を満遍なく取りづらいという面もあります。

また、日本の味が恋しくなるということも私自身感じることが非常に多いです。

そこで持っていくことをお勧めする食品としては、

・サプリメント 

ビタミン、鉄分など一通り持っていく

・パスタソース(和風)

和えるだけで簡単にできる。パスタは1で売っているので簡単に作れる

・レトルトカレー 

レンジでチンしてすぐに食べられる。お米は2くらいで売っているので、ホストファミリーに頼んで炊いてもらったり、鍋で自分で準備する。

・即席味噌汁

味噌汁は無敵のアイテム。日本の味が恋しくなったらお湯を入れるだけで簡単に食べられる

短期の留学であればこのくらいのものがあれば十分過ごしていけるでしょう。インスタントラーメンなどを持ってくる人もいますが、サッカー選手として留学しに来ているのですからそこは避けるべきだと思います。

まとめ

日本とスペインの食事に対する考え方の違いや、実際に食べるものの違いを今回紹介しましたが、サッカー選手として食事に気を使うということは当然大切です。

しかし、せっかくスペインに来たのであればその食事の美味しさを存分に堪能していただきたいです。特にバスクは世界的にも美食の町として知られており、食を通じて文化を、世界を感じてみてください。

スペインサッカー留学の斡旋・サポート

関連記事